編曲の助けるになる知識を、1からやさしく解説 初心者向け

編曲の助けるになる知識を、1からやさしく解説 初心者向け 編曲

編曲におてい困った時に役に立つ知識を、画像多めで分かりやすく解説。

編曲

【DTM・打ち込み】編曲(アレンジ)を勉強するのに、お勧めの本

編曲(アレンジ)は音楽制作において、重要な要素です。しかしどの楽器を選び、楽器をどのように打ち込むのか、とても難しく感じます。この記事では編曲を勉強する際に、お勧めの本を紹介しています。紹介している本は、どれも初心者向けの本です。
ベースの打ち込み

【DTM】ベース・ラインを勉強する際に、お勧めの本【打ち込み】

ベースはリズムやハーモニーを築く、重要な楽器です。ベースがないと、響きに深みや厚みが欠けることになります。バスドラムに合わせてルートだけですと、単調になってしまいます。この記事ではベースの打ち込みにおいて、参考になる本を紹介しています。
シンセ Mai Tai

【DTM】シンセサイザーを勉強する際、お勧めの参考書【打ち込み】

シンセサイザーは楽典や作曲とは違う知識が必要な為、難しく感じます。パラメーターとつまみも多く、何を意味しているのか理解するのも大変です。しかし基本はある程度勉強すれば、理解できます。シンセサイザーを勉強する際に、お勧めの本を紹介しています。
ドラムの打ち込み

【DTM】ドラムの打ち込みに、役に立つ参考書の紹介【初心者向け】

ドラムは打ち込みパターンをたくさん知ると、自分の曲にあったドラムパターンを打ち込みことが出来ます。覚えてはいなくても、参考になる本があれば打ち込む際に見れば良いので大丈夫です。ドラムの打込む際に参考になる、初心者向けの本を紹介しています。
エフェクター

【DTM・打ち込み】エフェクターの勉強方法【初心者向け】

EQやコンプレッサーの紹介はたくさんあるのですが、それ以外のエフェクターが紹介されていることは少ないです。中には重要な、使えるエフェクターもたくさんあり、理解したいところです。DAWにあるエフェクターの勉強方法について、紹介しています。
編曲

【打ち込み】パワーコードとは?【Standard Guitar】

パワーコードは比較的単純な構造ですが、力強く重厚なサウンドを作り出すことができます。ギターにて頻繁に使用され、ロックの曲ではパワーコードを基礎として展開されることが多いです。この記事では打ち込みにおける、パワーコードについて紹介しています。
編曲

【DAW】ピアノロールとは何か?【Studio One】

コンピューター上で音楽制作を行うソフトウェアを、DAWと呼びます。ピアノロールはDAWを使う上で、必須のツールです。この記事ではDAWのStudio Oneを例にし、ピアノロールについて紹介しています。
編曲

【Studio One】曲中で、テンポを変える方法【打ち込み】

曲中にて「テンポを変えたいな」と思ったこと、ありませんか? ヒロイン 安定志向の為、全くありません。 ブーキー それも大事ですよね。 曲中で大きくテンポが変わることは、少ないです。 しかしクラシックではよく、テンポが変わることがあります。 ...
編曲

【Studio One】オーディオループとミュージックループ

ループ素材とは、何いでしょうか?ループ素材は組み合わせると、良い感じのリズムを、簡単に作ることもできます。この記事ではStudio Oneにおける、オーディオループとミュージックループについて、紹介しています。
ベースの打ち込み

【打ち込み・DTM】ベース・ライン ドラムのバスドラムと合わせる

ベースは一般的に、低音域の楽器です。低音で豊かな響きを奏でることができ、ロックやジャズなど幅広いジャンルで使用されています。ベース・ラインを作成する上で重要な2点、ドラムのバスドラムのリズムと、ルートを演奏することについて、紹介しています。