※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

【DTM】シンセサイザーを勉強する際、お勧めの参考書【打ち込み】

シンセお勧めの本アイキャッチ シンセ Mai Tai
この記事は約5分で読めます。
PR

VCO、VCF、VCA、LFO、ENV・・・

ヒロイン
ヒロイン

車の部品ですか?

ブーキー
ブーキー

シンセサイザーの用語です。

シンセサイザーは、楽典や作曲とは全く違う知識が必要です。

パラメーターやつまみが多く、「果たしてそれが何を意味しているのか?」を、理解するのも大変です。

  1. シンセサイザーの、大まかな音作りの流れ
  2. オシレーターとは何か?と、大きく
  3. オシレーターにある各パラメーターの意味は?と、細かく

順番に進んでいくと、シンセサイザーの基本が理解できます。

この記事では、シンセサイザーを勉強する際、お勧めの本を紹介しています。

  1. シンセサイザー入門Rev.2
  2. クリエイターが教えるシンセサイザー・テクニック99
  3. DAWのマニュアル

PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

シンセサイザー入門Rev.2 音作りが分かるシンセの教科書 レビュー

「シンセサイザー入門」は、初めてシンセサイザーを勉強する際、お勧めの本です。

シンセサイザー入門 出版情報

  • 出版社 ‏ : ‎ リットーミュージック
  • 発売日 ‏ : ‎ 2018/11/16
  • 著 者 :松前 公高様

「シンセサイザーの基本→各パラメーターの説明→音作りの実例」と、進んでいきます。

シンセサイザー入門 気を付けるべき点

シンセサイザー入門の、気を付けるべき点です。

DTM専用の本ではない。

DTMとはあまり関係のない、章もあります。

  • シンセサイザー名品
  • Q&Aも、実機についてが多い
  • シンセサイザーの歴史

DTMとは関係ない章のボリュームは、多くありませんのでご安心下さい。

シンセサイザー入門 お勧めの点

シンセサイザー入門のお勧めな点はただ1点、説明が分かり易い。

オシレーター、フィルター、アンプ、エンベロープ、LFO・・・

「何が、どのような役割を担っているのか」の説明が丁寧かつ、分かり易い。

シンセサイザーで音作りをする際の、大まかな流れが理解できます。

基本的なことだけではなく、各パラメーターについても、しっかり記載はあります。

音作りの実例では、考え方と設定のコツが記載されているのも、良い点です。

この1冊で、シンセサイザーの基本が分かります。

クリエイターが教えるシンセサイザー・テクニック99

「クリエイターが教えるシンセサイザー・テクニック99」は、音作りの実例が、たくさん記載されています。

シンセサイザー・テクニック99 書籍情報

  • 出版社 ‏ : ‎ リットーミュージック (2015/1/29)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2015/1/29
  • 著 者 : 野崎 貴朗様 

「パラメーターの基本」→「様々な音作りのパターン」と進んでいきます。

シンセサイザーの基本25、音作りの実例65、その他9の割合です。

シンセサイザー・テクニック99 気を付けるべき点

シンセサイザー・テクニック99の、気を付けるべき点です。

解説の元となるシンセサイザーは、「TAL-NoiseMaker」。

自分の使用するシンセサイザーについて分かっていないと、活用が難しい。

本のパラメーターが、自分が使うではシンセサイザーでは、どこにあたるのか?

設定にないパラメーターも、あるけど・・・・・

シンセサイザーは多種多様な為、ここは致し方なしです。

シンセサイザー・テクニック99 お勧めの点

シンセサイザー・テクニック99の、お勧めの点です。

テクニック99は、実例が満載です。

設定方法ではなく、1つ1つ設定のコツが、詳しく書いてある。

「存在感のあるベース」→「波形をこれにし、倍音を多く」→「そうすると極太感がでる」

「ストリングス」→「特徴はこれ」→「特徴を出すのに、ここをずらす」

解説が音作りをする際の、ヒントとして使えます。

シンセサイザーの基本についても、分かり易いです。

「本に記載されているパラメーターを参考にしながら、実際に音作りをしてみる」ができる、1冊になります。

出版社様のページより、音源がダウンロードできます。

目指す音がどのような音なのか、確認してから音作りをするのがお勧めです。

クリエイターが教えるシンセサイザー・テクニック99
脱プリセット! 実用的なシンセの音作り方法、教えます!

付録ダウンロード、MP3です。

DAWのマニュアル

最後にお勧めなのが、DAWのマニュアルです。

ヒロイン
ヒロイン

DAWのマニュアル、よく出てきますね。

ブーキー
ブーキー

私の愛読書ですからね。

本を見ながらシンセサイザーを試していると、下記の問題にあたります。

  • 同じ機能、名前が違う
  • 名前は同じ、機能が違う
  • その機能、どこにある?
  • 書かれている、機能がない
  • シンセサイザー独自の機能

DAWのマニュアルを見ると、書いてある部分もあります。

下記はStudio Oneのシンセサイザー、Mai Taiのマニュアルです。

Mai Taiのマニュアル
Mai Taiのマニュアル

シンセサイザーに限ったことではありませんが、マニュアルを見ないと、分からないことも多いです。

Kindle Unlimited

シンセサイザーについて、お勧めした本以外にも読みました。

その際に利用したのが、「Kindle Unlimited」です。

Kindle Unlimitedを利用している理由は、結果的には安上りになる。

最初の紹介しました、「シンセサイザー入門Rev.2」の価格です。

シンセサイザー入門 価格の比較
シンセサイザー入門 価格の比較
  • 紙の書籍で購入:1,980円
  • 電子書籍、Kindleで購入:1,881円
  • Kindle unlimited:月額980円(2024年7月17日現在)

Kindle unlimitedの対象になっている、音楽の本はたくさんあります。

音楽を勉強する際、Kindle unlimitedはお勧めのサービスです。

本がKindle unlimitedの対象から、外れることもあることはご了承くださいませ。

「Kindle Unlimited」については、下記の記事でも紹介しています。