※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

X(Twitter)音楽投稿・アップロード、メリットとデメリット

ツイッターアイキャッチ ソフトウェア
この記事は約4分で読めます。
PR

作成した音楽を、たくさん聴いてもらたいと思いました。

そんな時、「X(旧Twitter)も、利用した方が良いのかな?」と、お悩みではありませんか?

ヒロイン
ヒロイン

私はそれより、今月のやり繰りにお悩み中です。

ブーキー
ブーキー

それは大変、深刻な悩みでございますね。

デメリットはなく、メリットが大きいので、音楽公開にXは利用した方が良いです。

この記事では音楽投稿でXを利用する前に、知っておいた方が良い点を記載しています。

  • Xを利用する上で、気を付けるべき点
  • Xを利用する、メリット
  • Xで、音楽投稿の仕方

PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

Xで音楽投稿 気を付けるべき点

Xで音楽を投稿する際に気を付けるべき点、デメリットです。

(1)音楽では投稿出来ない為、動画に変更する作業が必要。

(2)動画の長さは最大2分20秒。

短めの曲でないと、1曲全部は投稿できません。

大抵の曲は、納まらないです。

(3)しばらく経つと、動画が再生出来なくなってしまうこともある。

いつまでも再生可能かどうかは、保証されていません。

(4)自分が他のツイートをした際は、投稿した曲はどんどん下がっていく。

一度下がった曲は、ほぼ再生されません。

「プロフィールに固定する」を選択すると、1つだけは上に表示可能です。

音楽投稿におけるXは、どちらかの使い方がメインとなります。

(1)短い曲を投稿する

(2)「YouTube、ニコニコ動画に曲を投稿しました」と、曲の一部分だけを使用し、お知らせ用とする。

Xに音楽投稿イメージ画像
Xに音楽投稿イメージ画像

Xで音楽投稿 メリット

Xで音楽を投稿する上での、メリットです。

(1)聴いてもらえる可能性は、高い。

(2)「いいね、返信」は、多い。

(3)投稿の仕方が、非常に簡単。

(4)音楽仲間が、たくさんできる。

やはり少しでも反応があった方が、嬉しいものです。

音楽投稿の仕方は、後ほど解説しています。

音楽仲間が出来る

音楽仲間が出来ることは、Xに投稿する上での大きなメリットです。

(1)X上には、同じく音楽を投稿している方がたくさんいる。

一人で作曲しているより、同じ作曲仲間がいる方が、モチベーションの維持につながります。

他の作曲者が作られた曲を聴くことは、大いに勉強になります。

(2)良い曲、良い音を鳴らしている方がたくさんいる。

その方がポストする、「私はこうやってます」の情報は有益です。

(3)疑問をツイートすると、誰かが返信してくれることもある。

ただし絶対に返信がある訳ではない為、あまり期待しすぎない方が良いです。

ヒロイン
ヒロイン

私もリポストの、返信からの、ポストでダー!してみようかな?

ブーキー
ブーキー

色々な方とつながれて、面白いですよ。

Xで音楽投稿 やり方

Xで投稿するには、音楽だけでは投稿出来ない為、動画する作業が必要です。

私は「フォト レガシ」を使って、動画にしています。

詳しくは下記の記事で、紹介しています。

パソコンから動画を投稿するやり方を、紹介します。

やり方はとても、簡単です。

通常と同じように、ツイートする際の画面を開く。

左下にある、「メディア」のアイコンをクリック。

メディアを選択

「どの動画を投稿するのか?」、ファイルを選択する画面です。

作成した動画をダブルクリックすると、動画がアップロードされる。

後は通常のツイートと同じく、「いまどうしてる?」にツイート内容を記載します。

  1. 曲名
  2. 作詞者
  3. 作曲者
  4. どういう曲?
  5. 他の動画へのリンク

ハッシュタグは、入れた方がいいです。

  • #作曲
  • #作詞
  • #ボカロ

入れておくと、聞きに来てくれる方は増えます。

入力が終わりましたら、「ポストする」をクリックして完了。

ツイッターで動画ツイート
Xでポスト

右上の「・・・」から「プロフィールに固定する」を選択すると、動画が常にプロフィールの下にきます。

ツイッターで音楽投稿
ツイッターで音楽投稿

上記の画像はX用にサビだけ、30秒の動画を作成。

YouTubeのアドレスを、記載してます。

Xを利用して、デメリットはありません。

曲の紹介にXを、活用してみてはいかがでしょうか?