※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

Windows「フォトレガシ」で、曲と歌詞入りスライドショー

フォトアイキャッチ 画像と動画
この記事は約6分で読めます。
PR

曲が完成し、YouTubeで公開したいと考えました。

その時、この世に1つの疑問が生み出されます。

「さて、どうやって動画にしようか?」と。

ヒロイン
ヒロイン

正解は1番の「お金も技術もないので、あきらめる」で、お願いします。

ブーキー
ブーキー

ささる回答ですね。

私は静止画が切り替える動画を作成し、そこに曲を入れる方法をとっています。

その作業はWindowsの「フォトレガシ」を使えば、無料です。

フォトレガシは簡単で、手順通りに進めていけば、できるようになります。

この記事ではフォトレガシを使って、曲と文字を入れたスライドショーの作り方を紹介しています。

※Windows11の「Microsoftフォト」では、動画にする機能がなくなってしまいました。

「Microsoft Store」より「フォトレガシ」を、インストールする必要があります。


PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

動画にする曲の歌詞

例題で動画にする歌詞は、こちらです。

入れる歌の歌詞

3小節ずつで、画像が切り替わるようにします。

テンポ120ですので、1小節の長さは2秒。

3小節の長さは、2秒×3小節で6秒。

秒数は後で、使います。

画像を切り替える秒数は、再生しながら調整ができるので、正確に何秒と分かっていなくても、大丈夫です。

もし小節の時間の計算の仕方を知りたい場合は、こちらの記事で紹介しています。

この記事で目指す動画は、歌に合わせて、背景の色と歌詞が切り替わる動画です。

画面の移り変わり

画像の用意

最初に表示する画像を、用意します。

画像は何でも、良いです。

私はイラストを入れてますが、撮った写真を入れるが楽です。

ただし撮った写真の肖像権等には、気を付けて下さい。

写真をYouTubeで使うには、最適な画像サイズに変更することが必要です。

画像の作成方法、適切な画像サイズは、下記の記事で紹介しています。

サイズが1280×720、単色の背景を2つ用意しました。

ちなみにYouTubeの主流サイズは、1920×1080のようです。

1280×720背景黒
1280×720黒
1280×720背景灰色
1280×720灰色

「フォトレガシ」で作成

Microsoftの「フォトレガシ」を使って、画像と曲を合わせて動画にします。

「フォトレガシ」の起動

「フォトレガシ」のアイコンです。

フォトのアイコン

windows10ではダウンロードしなくても、Windowsのパソコンであれば、「フォト」の名前で最初から入っています。

windows11では「フォトレガシ」を、「Microsoft Store」よりダウンロードが必要です。

早速、作っていきましょう。

(1)フォトレガシを開き、「ビデオエディター」をクリック。

ビデオエディタを開く
ビデオエディタ

(2)「新しいビデオプロジェクト」をクリック。

ビデオエディタの新規作成
新しいビデオ

(3)「ビデオの名前を指定」は好きな名前で、入力します。

「フォトレガシ」画像の選択

(4)赤枠の部分に、入れたい画像をドラッグ&ドロップ。

ドラックアンドドロップで画像の選択
プロジェクト ライブラリ

今回の場合は黒と灰色の背景の画像を、ドラッグ&ドロップしました。

「+追加→ファイルを選ぶ→入れる画像を選択する」でも、同様にできます。

(4)選んだ画像が、「プロジェクトライブラリ」に追加される。

追加した画像を、下の赤枠の「ストーリーボード」にドラッグ&ドロップ。

ストーリーボードに入れた画像が、動画で再生される画像になります。

ストーリーボードに追加
ストーリーボードに追加

画像は左から順に、再生されます。

ストーリーボードにある画像を、ドラッグ&ドロップすれば、入れ替えできます。

途中で追加と削除も、可能です。

「フォトレガシ」表示時間の変更

(5)画像の表示時間を、変更する。

「期間」を選ぶか、画像の「3.0」と秒数が書いてあるところをクリックすると、表示時間が変更できます。

今回は6秒ずつで切り替える為、両方とも6.0秒と入力しました。

期間の設定
期間の設定

2つの表示時間が、「6.0」に変りました。

「フォトレガシ」文字の入力

(6)文字を入れる。

「テキスト」を、クリック。

テキストをクリック
テキストをクリック

(7)赤枠のテキストの部分に、文字を入力。

今回は「メロディ さきが」と、入力しました。

下のアニメーションやレイアウトで、表示方法を変更することもできます。

クリックするとその場で確認できる為、お好みの表示方法を試して下さい。

(8)終わったら、下にある「完了」をクリック。

文字が6秒表示されず、3秒等で切れてしまう場合、下の青枠で囲ったテキストの表示時間が、短くなっている可能性があります。

時間をめいっぱいまで伸ばせば、解決です。

「フォトレガシ」曲の挿入

(8)曲を入れる。

「カスタムオーディオ」をクリック。

カスタムオーディオをクリック
カスタムオーディオ

(9)「+オーディオファイルの追加」をクリックし、曲を追加する。

オーディオファイルの追加

追加できたら、「完了」をクリック。

曲が途中で切れてしまったり、途中から始まる場合は、青枠の部分が伸びてない可能性があります。

最初からめいっぱい、伸ばして下さい。

「フィトレガシ」出力

(10)「ビデオの完了」を、クリック。

(11)「エクスポート」をクリック。

保存先とファイル名を入れて、動画の完了です。

今回出来がりました動画が、こちらです。

音質が悪いのはブログ用に出力した音の為で、フォトレガシの影響ではありません。

詞先か曲先か  

時間が14秒になっているのは、最後の画像の表示時間を6秒→8秒に延長しました。

曲の終わりと同時に動画が終わってしまうのではなく、少し余韻をもたせた方が良いでしょう。

「AメロとBメロの曲の区切りで、画像を切り替える」

「8小節ずつで画像を切り替える」等々・・・

画像を伸ばしていきます。

「フォトレガシ」テキストの表示方法

ヒロイン
ヒロイン

作った動画、文字の出方が・・・良く言えば「個性的」ですね。

ブーキー
ブーキー

そうですね、ちょっと変ですね。

今回は「フォトレガシ」のテキストを使用し、文字を表示しました。

テキストが下から出て、文字の表示が歌より遅れて出てきます。

解説しておいて何ですが、違和感はあります。

画像に文字を記載しておけば、歌詞が最初から表示されるようになります。

この方法ならば歌詞を好きな場所、好きな色、画像に合った文字の大きさに、することもできます。

画像表示順番
画像表示順番

フォトレガシ まとめ

Windowsの「フォトレガシ」を使用し、歌入りの画像が切り替わる動画を、作成しました。

この方法で一番の問題なのは、用意する画像です。

単色に歌詞を入れるだけでしたら、すぐにできます。

しかし何だか、物足りません。

画像はこだわりますと、時間がかかります。

「同じ画像で、歌詞だけを切り替える」

「写真を撮ってきて、載せる」が、比較的楽な方法です。

イラストを使うのも、有力な方法です。

イラストを作成してもらうのに、利用しているサービスを、下記の記事で紹介しています。