※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

【DTM】スネアにおける、ロールの打ち込み方【ドラムの打ち込み】

ドラムロールアイキャッチ ドラムの打ち込み
この記事は約5分で読めます。
PR

スネアロールの打ち込み方は、ご存知でしょうか?

ヒロイン
ヒロイン

ロールなケーキなら、絶賛お探し中です。

ブーキー
ブーキー

何となく、言うと思ってました。

スネアロールは大抵の方が一度は聞いたことがある、一般的な演奏方法です。

スネアロールを、打ち込みで表現する方法です。

スネアロール部分の音符を、「6連符や32分音符」等で打ち込む。

この記事ではスネアロールの、打ち込み方を解説しています。

  • バズロール
  • ダブルストロークロール
  • 打ち込みで、ダブルストロークロール

PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

スネアロールの種類

ロールの楽譜を、記載します。

赤枠の部分が、ロールで叩く部分です。

ロールの楽譜
ロールの楽譜

よく使われるロールの叩き方には、2つあります。

「バズロール」と、「ダブルストロークロール」です。

バズロール

まずはよく聴くロール、バズロールについて紹介します。

実際のバズロールの、叩き方です。

(1)スネアに向かって、スティックを軽くおしつけるように叩く。

(2)叩いた時の反動で、スティックが少し戻る。

(3)下におしつけている力で、2発目も自然に叩ける。

(3)3発目、4発目と続く・・・・・

(4)スティックによる1回の振り下ろしで、音が「タタタタタタ」と鳴る。

(5)「タタタタタタ」を、「右手→左手→右手→左手・・・」と交互に繰り返す。

(6)バズロールの完成。

1つの「タタ」をもっと細かく滑らかにすると、「ザーーーーー」になります。

スティック1回の振り下ろしで、音がいくつ鳴っているのかは分かりません。

専用の音源があれば別ですが、バズロールを打ち込みで表現するのは、難しいでしょう。

ヒロイン
ヒロイン

バ、バズロールは、意味なかったのですか?

ブーキー
ブーキー

「イメージしていたロールと違うな?」と、感じることもあるかと思いまして。

ダブルストロークロール

もう一つのロール、「ダブルストロークロール」を打ち込みで表現するのは、簡単です。

ダブルストロークとは、「一回のスティックによる振り下ろで、2回叩く」こと。

先ほどのバズロールは1回振り下ろした時に、何回叩いているのか分かりませんでした。

ダブルストロークは2回です。

「右1発目→右2発目→左手1発目→左手2発目・・・・・」とダブルストロークをつなげると、ダブルストロークロールの完成です。

ダブルストロークでロールを叩くと、実際は2小節目のように叩きます。

ダブルストロークでロール
ダブルストロークでロール

楽譜は32分音符にしてますが、違う音符の時もあります。

何の音符が良いのかは、テンポによって変わります。

ダブルストロークロール 打ち込み方

ダブルストロークロールを、DTMで表現する方法です。

ロールの部分に、ロールに聴こえるような音符を打ち込む。

ヒロイン
ヒロイン

当たり前ですか?

ブーキー
ブーキー

当たり前ですね。

DTMでは右手で2回叩く等は関係ないので、ロール部分にたくさん音符を入れるだけです。

「6連符」でロールに聴こえれば、それでロールの出来上がり。

「6連符」で思ったようなロールに聴こえなければ、「32分音符」に変更します。

「32分音符」でロールに聴こえれば、それでロールの出来上がり。

1点注意するべき点は、ロール部分における音符のベロシティです。

ロールにする音符のベロシティは、少し小さくした方が良い。

単発で叩くのと、ロール部分を同じベロシティにすると、普通はロール部分が大きく感じる。

ロール 打ち込み 実例

実際にロールを、打ち込んでみました。

下記が打込んでみた、楽譜です。

実際に作ってみる楽譜

テンポは120。

ロール部分の音符は、32分音符にしました。

打込む際はロール部分に、32分音符を入れるだけです。

ロールの楽譜上段
ロールの楽譜下段
ロールの楽譜下段

ロール部分の「最初32分音符だけは、ベロシティを80%」

後に続く32分音符は、ベロシティを60%に設定。

打ち込んでみた音が、こちらです。

ロールの音

実際に打ち込む際の、注意事項を2つ記載します。

(1)使用する音源によってはロールに聴こえない、合わない場合もある。

(2)ベロシティの値をいくつにするかは、使うスネアの音源によって変わる。

どちらも実際に聴いて、確認します。

普通のドラムトラックとは別に、ロール専用で別に1つ作るのも良いです。

ここまで書いておいて何ですが、スネアロール専用の音源がある場合、それを使用するのもありです。

次は「スネアロール」専用の音で、打ち込んでいます。

スネアロール音源の音

音源によってはイマイチなロールもある為、聴いて確認しましょう。

スネアのロール まとめ

ロールにする部分に、6連符や32分音符を打ち込む。

ロール部分の音符は、ベロシティを通常の音符より小さくする。

ドラムの打ち込み、上達への道
ドラムの打ち込み、上達への道

突然ですが、質問です。

ドラムの打ち込みを上達させるには、何をするのが良いでしょうか?

たくさん答えはあるかと思いますが、1つはより多くの「フレーズ、リズムパターン」を知ることです。

次の記事ではドラムの打ち込みで参考になった、お勧めの本を紹介しています。