※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

【音楽】セカンダリードミナントの仕組みと使い方 わかりやすく解説

セカンダリードミナントアイキャッチ ノンダイアトニックコード
この記事は約5分で読めます。
PR

セカンダリードミナントは、ご存じでしょうか?

ダイアトニックコードだけでも、コード進行は作れます。

しかしダイアトニックコードだけを使用していると、調整内の音となってしまいます。

調整内から外れる為には、ダイアトニックコードではないコード、ノンダイアトニックコードが必要です。

ヒロイン
ヒロイン

今日は運転手なので、ノンアルコールビールで!と、意味は似ていますか?

ブーキー
ブーキー

全く違います。

この記事ではノンダイアトニックコードの中でもよく使われる、セカンダリードミナントを紹介しています。

  • ドミナントモーション
  • セカンダリードミナントの仕組み
  • セカンダリードミナントの使い方

PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

ドミナントモーションとは

セカンダリードミナントとは何か?を理解するには、ドミナントモーションを知っている必要があります。

ヒロイン
ヒロイン

ト、トンデモナイモーション?

ブーキー
ブーキー

ドミナントモーションは、よく出てくる単語です。

ドミナントモーションとは何か?を、キー=Cメジャーを例にして紹介します。

キー=Cの、メジャースケールです。

Cメジャースケール度数
Cメジャースケール

Cメジャースケールの、3和音のダイアトニックコードです。

キー=C ダイアトニックコード
キー=C ダイアトニックコード

Cメジャースケールの、4和音のダイアトニックコードも記載します。

4和音ダイアトニックコード
G7

ドミナントモーションとは、何でしょうか?

ドミナントコード(Ⅴ7)→トニックコード(Ⅰ)に進行する場合、その動きを「ドミナントモーション」と言う。

キー=Cメジャーでは、「G7→C」がドミナントモーションの、コード進行です。

ドミナントモーション

ドミナントモーションは、こちらの記事で紹介しています。

キー=Gのドミナントモーション

キー=Gメジャーでは、ドミナントモーションが何か?を考えます。

ヒロイン
ヒロイン

この記事のメインは、ドミナントモーション君ですか?

ブーキー
ブーキー

これもサブドミナントさんと、関係あるんです。

Gメジャースケールです。

Gメジャースケール

ドミナントコード(Ⅴ7)→トニックコード(Ⅰ)に進行する動きが、「ドミナントモーション」です。

キー=Gメジャーの場合、ドミナントコードは「D7」、トニックコードは「G」。

ドミナントモーションは、「D7→G」です。

D7とGドミナントモーション

セカンダリードミナントの仕組み

ここからが、セカンダリードミナントの本題です。

ヒロイン
ヒロイン

本題に入る前に、ドミナントなモーションさんで力尽きるところでした。

ブーキー
ブーキー

ドミナントモーションを理解できれば、セカンダリードミナントは難しくないですよ。

セカンダリードミナントとは

セカンダリードミナントとは、何でしょうか?

あるコードを、仮にトニックと見立てる。

そのコードに対してドミナントモーションさせるようなドミナント7thコードを、セカンダリードミナント7thコードと呼ぶ。

どういうことなのか、キー=Cメジャーを例にし、紹介します。

セカンダリードミナント「D7」

「C→G7」のコード進行が、ありました。

CCG7のコード進行
CGのコード進行

仮に「G7」を、トニックと見立てます。

「G7」に対してドミナントモーションするドミナント7thコード「D7」を、「G7」の前に入れることができます。

「D7→G」は、キー=Gメジャーの時に出てきた、ドミナントモーションです。

この時の「D7」が、セカンダリードミナント7thコードです。

CD7G7のコード進行
D7セカンダリードミナント

D7の構成音は、「D、F#、A、C」。

D7はダイアトニックコードにないコード、ノンダイアトニックコードになります。

D7
D7

他のセカンダリードミナント

「G7」を仮にトニックとしましたが、「Dm、Em、F、Am」に対するセカンダリードミナント7thコードもあります。

セカンダリードミナント7thコード→ダイアトニックコードの順番に記載します。

  • A7(Ⅵ7) → Dm(Ⅱm)
  • B7(Ⅶ7) → Em(Ⅲm)
  • C7(Ⅰ7) → F(Ⅳ)
  • D7(Ⅱ7) → G(Ⅴ)
  • E7(Ⅲ7) → Am(Ⅵm)

F#7(#Ⅳ7)→Bm7(♭5)は、セカンダリードミナントとしては扱いません。

理由はルート音である「F#」が、スケール外の音になるからです。

セカンダリードミナントの使い方

セカンダリードミナントの使い方で、特段気を付けるべき点はありません。

使い方を、3通り記載します。

普通のコードと、同じように使う

最初のコードを「C」にして、次のコードは何にしようか?と考え中です。

候補の1つとして、セカンダリードミナント7thコードを、入れることもできます。

セカンダリードミナント7thコード、「E7」を入れることにしました。

E7のセカンダリードミナント
E7のセカンダリードミナント

「C→E7→Am」というコード進行が、できました。

セカンダリードミナント7thコードを挿入する

「C→Dm」のコード進行を、作成しました。

「A7(Ⅵ7)→Dm(Ⅱm)」という、セカンダリードミナントがあります。

「C→Dm」のコード進行に「C→A7→Dm」と、セカンダリードミナント7thコードを挿入することができます。

A7のセカンダリードミナント
A7のセカンダリードミナント

コードをセカンダリードミナントコードに変える

「C→Am→Dm→G7」は、イチロクニーゴーのよくあるコード進行です。

「Am」をセカンダリードミナント7thコードの「A7」に入れ替えて、「C→A7→Dm→G7」と変更することもできます。

セカンダリードミナントA7
セカンダリードミナントA7

セカンダリードミナント まとめ

セカンダリードミナント7thコードは、よく使われるコードの1つです。

  • A7(Ⅵ7) → Dm(Ⅱm)
  • B7(Ⅶ7) → Em(Ⅲm)
  • C7(Ⅰ7) → F(Ⅳ)
  • D7(Ⅱ7) → G(Ⅴ)
  • E7(Ⅲ7) → Am(Ⅵm)

セカンダリドミナント7thコードを使うことで、スケールにない音を、取り入れることができます。

コード理論をさらに勉強
コード理論をさらに勉強

コード理論・進行をさらに勉強したい場合、専用の本で覚えることをお勧めします。

コード理論はいきなり難しい項目から見ても、理解するのは難しいです。

本は覚えるべき点から順に解説されている為、理解もしやすく効率的に学ぶことができます。

次の記事ではコード理論・進行を勉強するのに、お勧めの本を紹介しています。