※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

【Studio One】エフェクター フェイザーとは【使い方】

フェイザーアイキャッチ エフェクター
この記事は約5分で読めます。
PR

エフェクターの1つ、フェイザーはご存知でしょうか?

ヒロイン
ヒロイン

それはもう、ボクシング漫画で勉強しましたので。

ブーキー
ブーキー

ボクシングの階級、フェザー級ですか?

フェイザーはシンセサイザーやギターなど、様々な音に使われているエフェクターです。

フェイザーは原音と位相をズラした信号を、ミックスするエフェクターです。

位相のズレ具合をLFOで変化させることで、特徴的な音を作り出します。

この記事ではStudio Oneのフェイザーについて、紹介しています。

  • フェイザーとは
  • Studio Oneのフェイザー
  • Mai Taiのフェイザー

PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

フェイザーとは

フェイザーの仕組みについて、紹介します。

モジュレーション系エフェクター

フェイザーは、モジュレーション系エフェクターの1つです。

モジュレーション系のエフェクターは他にも、コーラスやフランジャーがあります。

モジュレーションの意味は、「変調」。

信号によって、音を変化させます。

モジュレーション元の代表的な存在の1つが、LFOです。

LFOはLow Frequency Oscillatorの頭文字の略で、意味は「低周波発振器」。

LFOの揺れる、繰り返す波でモジュレーションすることで、対象を変化させます。

フェイザーでもLFOは、使われています。

フェイザーの仕組み

フェイザーが、どのように動作しているのかです。

フェイザーには、オールパスフィルターが使われています。

オールパスフィルターは周波数の、位相だけを変化できる特性をもつフィルターです。

位相のズレた波形
位相のズレた波形

原音にオールパスフィルターを適用し、位相をズラします。

位相のズレ具合をLFOで周期的に変化させることで、うねりのあるサウンドが生まれます。

オールパスフィルターの数は、増やすこともできます。

増やすほど音がより、複雑になっていきます。

フェイザーでもう1つ重要なのが、フィードバック回路です。

一旦エフェクト処理された信号を、もう一度戻す回路がフィードバック回路です。

フィードバック回路があることにより、特徴的な音ができます。

原音と位相のズレた信号をミックスし、音が出力されます。

フェイザーの仕組み
フェイザーの仕組み

Studio One エフェクト フェイザー

Studio Oneのエフェクター、Phaserのパラメータについて紹介します。

Studio Oneのフェイザー

(1)Stages

Stagesで、オールパスフィルターの段数を、2~20の間で決めます。

段数を増やすほど、複雑な音になります。

(2)Speed

Speedは、LFOの速度です。

単位は周波数で、0Hz~10.00Hzの値をとります。

1Hzは1秒に、1回の波を持つことを意味します。

1秒間に5回繰り返されれば、5Hzです。

5Hz
5Hz

「Sync」をクリックすると、テンポ同期のオンオフが切り替わります。

「Sync」をオンにすると、Speedは音符単位になり、全音符や4分音符等の中から選択します。

(3)Center

Centerで、オールパスフィルターの中心周波数を決めます。

値は10.0Hz~8.00kHzの間です。

(4)Range

Rangeでモジュレーションする範囲を、0.0~100%の間で設定します。

Centerで決めた中心周波数を中心とし、Rangeで設定した範囲をモジュレーションします。

Rangeの値を大きくするほど、効果が大きく分かり易いです。

(5)Log.Sweep

Log.SweepでLFOを、対数目盛で動作するように変更します。

ヒロイン
ヒロイン

対数目盛?どういう意味ですか?

ブーキー
ブーキー

どういう意味でしょうかね?

分かるようになった時に、追記します。

(6)Soft

Softがオンだと、波形は三角波です。

三角波
三角波

オフだと波形は、サイン波です。

サイン波
サイン波

(7)Feedback

Feedbackでインプットに戻す信号の量を、0.0~95.0%の間で設定します。

FeedBackを大きくするほど、特徴的な音になります。

(8)Stereo Spread

Stereo Spredは音の拡がりが調整でき、値は0.0~100%の間です。

(9)Mix

Mixでエフェクト処理した音と、原音の混ざり具合を調整します。

0.0~100%の値です。

ギターにて最初はフェイザーなし、次はフェイザーありを音にしてみました。

フェイザー

Studio One Mai Tai フェイザー

Studio Oneのシンセサイザー、Mai Taiもフェイザーが利用できます。

Mai Taiのフェイザー

「MOD/FX」セクション→「FX A」→「Modulation」の中にある「Phaser」を選ぶと、フェイザーが使えます。

名前は違いますが、パラメーターの役割は上記とほぼ同じです。

(1)Mono

Monoはエフェクトのかかった信号が、モノに合算します。

(2)Shift

Shiftでオールパスフィルターの、中心周波数を決めます。

値は、10.00Hz~8.00kHzの間です。

(3)Speed

Speedで、モジュレーションするスピードを設定します。

値は、0.01~30.00の間です。

(4)Width

Widthでモジュレートする度合いを、0~100%で設定します。

(5)FB

FBでフィードバックされる出力信号の量を、0~99%の中で調整できます。

(6)Sync

Syncでテンポ同期モードのオンオフが、切り替わります。

テンポ同期モードをオンにすると、8分音符や4分音符などの音符から選択するようになります。

オフにすると、元通りです。

(7)Depth

Depthは原音とエフェクト処理された音を、混合する割合です。

0~100%の間で決めます。

エフェクターの勉強方法
エフェクターの勉強方法

EQ、コンプレッサー等、ミックスで使うエフェクターの解説はたくさんあります。

それ以外のエフェクター、フェイザー等のエフェクターを扱っていることは少ないです。

しかしファイザーもそうですが役に立つ、重要なエフェクターはたくさんあります。

次の記事では、エフェクターの勉強方法について紹介しています。