※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

【DTM】ミックスを勉強する際に、お勧めの参考書【初心者向け】

ミックス参考書アイキャッチ ミックス
この記事は約6分で読めます。
PR

ミックスは作曲・編曲とはまた違った知識が必要となり、難しく感じます。

ミックスは曲の仕上がりに対する影響が大きい為、自分でミックスをやる場合、ある程度勉強することが必要です。

この記事ではミックスを勉強する際に、お勧めの本を紹介しています。

  1. 「音圧アップのためのDTMミキシング入門講座!」
  2. 「DTMミキシングの基礎技術を解説付きで実演しちゃいました」
  3. スグに使える レシピシリーズ
  4. DAWのマニュアル
ヒロイン
ヒロイン

もちろん、漫画ですよね?

ブーキー
ブーキー

残念ながら、漫画はありません。

使用する音源により、設定するパラメーターの値は違います。

エフェクトの掛け具合も、好みが分かれます。

しかし何の手掛かりもなく、ミックスをすることは難しいです。

どのパラメーターを、どのくらいの値に設定するのか?

本に記載されている内容は、音作りをする上で参考として使えます。


PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

「音圧アップのためのDTMミキシング入門講座!」レビュー

ミックスを勉強する際、一番初めに読むのにお勧めな本です。

著:石田 ごうき
¥1,760 (2024/07/22 14:10時点 | Amazon調べ)

著者:石田ごうき様

出版社:リットーミュージック

発売日:2015/6/19

DTMミキシング入門講座! 気を付けるべき点

DTMミキシング入門講座!を読む上で、気を付けるべき点です。

(1)「各楽器に対するEQ、コンプレッサーの各パラメーターを、どのくらいにすべきか?」の、詳しい記載はない。

(2)リバーブがない。

DTMミキシング入門講座! お勧めな点

DTMミキシング入門講座!の、お勧めな点です。

本の内容は、4つがメインになります。

  1. フェーダー
  2. EQ
  3. コンプレッサー
  4. ボーカル処理

フェーダーの調整やEQ、コンプレッサーを、どようのにするのか?の基本を学べる。

フェーダーの調整

この本は、フェーダーの調整から始まります。

(1)キックとスネアに対する音量の比率は、これくらいが良い。

(2)スネアとハイハットに対する音量の比率は、これくらいが良い。

各トラックの音量を、どのようなバランスにするのか?がつかめます。

EQ

次はEQです。

EQは大きく各周波数帯に分けて、解説がされています。

(1)この周波数付近では、キックのこの音が鳴っている為、ピーキング。

(2)この周波数付近は、キックとベースが被らないように、ベースをローカット等々。

この本では、各周波数帯ごとで、複数の楽器をひとまとめして考えています。

EQをどのように考えて掛けるのか?の、概要が書いてある。

コンプレッサー

次は、コンプレッサーです。

コンプレッサーのパラメーターを変えると、どのような効果があるのかが、分かりやすい。

レシオは、スレッショルドを超えた部分の音量を、コンプレッション後にどれくらいの音量にするのかの比率である。

この説明ですと、レシオの比率を変えると、結局どうなるのかがよく分かりません。

レシオ2:1では、このようにコンプレッサーがかかり、このような楽器にお勧め。

この本では実践的に、書かれています。

アタックとリリースタイムの意味も、理解しやすい。

著:石田 ごうき
¥1,760 (2024/07/22 14:10時点 | Amazon調べ)

「フェーダー、EQ、コンプレッサー、ボーカル処理」、4つの基本が分かる1冊です。

「DTMミキシングの基礎技術を解説付きで実演しちゃいました」レビュー

DTMミキシング入門講座!の次に読む、お勧めな本です。

前に紹介しました「音圧アップのためのDTMミキシング入門講座!」の、続きの本になります。

著者:石田ごうき様

出版社:リットーミュージック

発売日:2016/6/24

DTMミキシングの基礎技術 気を付けるべき点

DTMミキシングの基礎技術は、一番最初に読むべき本ではありません。

(1)コンプレッサーのアタックタイムとは何か?等、基本的な説明はほぼない。

(2)持ってないエフェクトが、出てくる可能性もある。

DTMミキシングの基礎技術 お勧めな点

実際にミックスをする際には、

  1. どの楽器に
  2. どのエフェクトを使い
  3. パラメーターを、どのくらいの値にするのか

の参考がほしいところです。

各楽器に、何のエフェクトを入れるのか?

各エフェクトのパラメーターを、いくつに設定するのか?

DTMミキシングの基礎技術では、記載があります。

先に紹介した「DTMミキシング入門講座」には書かれていなかった、重要なエフェクトについても書いてあります。

リバーブがある。

ステレオイメージャー、ディレイの使い方も勉強になる1冊です。

スグに使える レシピシリーズ

今まで紹介した本は、ミックス全般の本でした。

「スグに使えるEQレシピ DAWユーザー必携の楽器別セッティング集」

「スグに使えるコンプ・レシピ DAWユーザー必携の楽器別セッティング集]

上記の本はEQやコンプのみを、取り上げている本です。

「楽器ごと、ジャンルや場面ごとに各値をどのような値にすれば良いのか」が、詳しく書いてある。

各パラメーターの意味が分かっているなら、この2冊はお勧めです。

「ここをこうすれば、こういう音になる」と、細かく記載があります。

EQレシピ

コンプレシピ

DAWのマニュアル

最後にお勧めするのが、DAWのマニュアルです。

ヒロイン
ヒロイン

これは、本ではないですね。

ブーキー
ブーキー

ないですね。

本で勉強をし実際にDAWでエフェクトを使おうとすると、分からない点がでてきます。

(1)パラメーターの名前が違うどこにそのパラメーターがあるのかが、分からない。

(2)書かれていない、よく分からないパラメーターがある

そんな時はDAWのマニュアルを見ると、パラメーターが何なのか、記載があります。

下記はStudio One、リバーブのマニュアルです。

Studio OneのRoom Reverbの説明

マニュアルを読むと、意味不明だった値が何なのか、何となく分かります。

Kindle Unlimited

お勧めの本は全部、「Kindle Unlimited」を利用して読みました。

Kindle Unlimitedを利用するのは、結果的に安上りだからです。

紹介しました、「コンプ・レシピ」の価格です。

コンプ・レシピ 価格の比較
コンプ・レシピ 価格の比較
  • 紙の書籍で購入:2,090円
  • 電子書籍、Kindleで購入:1,700円
  • Kindle unlimited:月額980円(2024年7月17日現在)

Kindle unlimitedの対象である、ミックスの本は他にあります。

ミックスを勉強する際、Kindle Unlimitedはお勧めのサービスです。

本がKindle unlimitedの対象から、外れることもあることはご了承くださいませ。

Kindle Unlimitedについては、下記の記事でも紹介しています。

ミックス

イイ音もって出かけよう!

PR

日本初にして日本最大級の
イヤホン・ヘッドホン専門店