※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

【Studio One】シンセサイザー Mai Taiとは

MaiTaiアイキャッチ シンセ Mai Tai
この記事は約6分で読めます。
PR

シンセサイザー、Mai Taiをご存知でしょうか?

ヒロイン
ヒロイン

知りません。

ブーキー
ブーキー

ですよね。

Mai Taiは、Studio OneのArtistとProfessionalに付属するシンセサイザーです。

この記事ではStudio Oneのシンセサイザー、Mai Taiについて紹介しています。

1つ1つのパラメーター、詳しい内容は別記事に記載しています。

各項目の終わりに、リンクを貼ってあります。そちらをご参照下さい。


PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

Mai Taiの特徴

Mai Taiは、シンプルで分かりやすいシンセサイザーです。

MaiTaiの画面
Mai Tai

Mai Taiはシンプルとは言え、シンセサイザーにおける基本的な機能は備えています。

他にも高機能なシンセサイザーは、たくさんあります。

しかし高機能であるがゆえに、出来ることやパラメーターが多く、最初に扱うには難しく感じます。

Mai Taiでシンセサイザーの基本を理解するのも、効果的かと思います。

Mai Tai 音作りの順番

Mai Taiで音作りをする、大まかな順番です。

  1. オシレーターで、波形を決める
  2. フィルターで、音色を調整する
  3. アンプで、音量を決める

オシレーターやフィルター、アンプをLFOとエンベロープ・ジェネレーターで、モジュレーションします。

Mai Taiはエフェクターも、多く搭載されています。

エフェクターを使用し、音を変えることもできます。

ヒロイン
ヒロイン

私の中の可能性が花開く、そんなエフェクターもありますか?

ブーキー
ブーキー

あぁ、私もそんなエフェクター、ほしいですね。

Mai Tai オシレーター

オシレーターで波形を選択し、ピッチを調整します。

Mai Taiのオシレーターは、2基です。

オシレーター
Mai Tai オシレーター

波形は正弦波、のこぎり波、三角波、矩形波から選択します。

各オシレーターに、サブオシレーターもあります。

オシレーターシンクは、Osc2のSyncで設定できます。

ノイズジェネレーターも、搭載しています。

ノイズ・ジェネレーター
ノイズ・ジェネレーター

Mai Tai Character

Mai Tai独自の機能の1つが、キャラクタープロセッサーです。

Mai Tai Character
Mai Tai Character

ドロップダウンリストから、モードが選択できます。

選択するモードにより、音はだいぶ変わります。

色々と選択し、試してみて下さい。

Soundでキャラクタープロセッサーの効果を、変化させることができます。

何が変わるのかは、選択するモードにより異なります。

ドライ信号とキャラクタープロセッサー信号の割合を調整するのが、Amountです。

Mai Tai フィルター

フィルターで倍音成分をカットし、音色を作ります。

Mai Tai フィルター
Mai Tai フィルター

フィルターは5種類から、選択します。

レゾナンスを使うと、シンセサイザーならではの音を作ることができます。

Mai Tai モジュレーション

モジュレーションの意味は、「変調」です。

モジュレーターには、エンベロープ・ジェネレーターとLFOがあります。

エンベロープ・ジェネレーター

エンベロープ・ジェネレーターは、全部で3基です。

エンベロープ・ジェネレーター
エンベロープ・ジェネレーター

エンベロープ・ジェネレーターを使用すると、時間経過に対する変化を作れます。

一番上は、アンプ・エンベロープ専用です。

エンベロープ・ジェネレーターをアンプに使用すると、時間経過とともに音量が変化します。

エンベロープ・ジェネレーターをフィルターに使用すると、時間経過とともに音色が変化します。

Mai Tai LFO

Mai TaiのLFOは、全部で2基です。

Mai Tai LFO
Mai Tai LFO

LFOのゆっくりと揺れる、繰り返す波でモジュレーションし、対象を変化させます。

LFOでオシレーターのピッチをモジュレーションすると、ビブラートです。

モジュレーション元、モジュレーション先、モジュレーション信号の量の設定は、モジュレーションマトリックで行います。

MOD/FX→Mod AかBの、空いているところで設定します。

モジュレーションマトリックス
モジュレーションマトリックス

Mai Tai エフェクター

Mai Taiにはエフェクターが、たくさんあります。

Mai Tai コーラス
Mai Tai コーラス

MOD/FX→FX A又はBを選択すると、エフェクターが表示されます。

(1)コーラス

コーラスは単一の音を、複数で鳴らしたかかのような厚みのある音が作れる。

Mai Tai コーラス
Mai Tai コーラス

(2)フランジャー

フランジャーはジェット・サウンドと呼ばれる、とてもうねりのある音が作れる。

Mai Tai フランジャー
Mai Tai フランジャー

(3)フェイザー

フェイザーを使うと独特の、うねりのある音になる。

Mai Tai フェイザー
Mai Tai フェイザー

(4)ディレイ

ディレイは、やまびこ効果。

MaiTai ディレイ
Mai Tai ディレイ

(5)リバーブ

リバーブでルームやホールなど、空間を再現できる。

Mai Tai リバーブ
Mai Tai リバーブ

(6)ゲート

ゲートでリズムゲートパターンを、作ることができる。

Mai Tai ゲート
Mai Tai ゲート

(7)EQ

ある周波数帯を強調、または減衰させる。

(8)ディストーション

歪みのある音を作る。

(9)パン

左右のパンを、コントロールする。

Mai Tai ポルタメント

Mai Taiにおけるポルタメントは、右の方にあるパラメーターで設定します。

Mai Tai ポルタメントの位置
Mai Tai ポルタメントの位置

Mono→Glideの順番で、オンにする。

Glideの値を設定すると、ポルタメントが使えます。

シンセサイザー 音作り

シンセサイザーの音作り
シンセサイザーの音作り

シンセサイザーの音作りは、楽典や作曲とは全く違う知識が必要です。

初めてシンセサイザーをやる場合、パラメーターやつまみが何を意味しているのか、理解するのが難しいです。

プリセットからパラメーターをいじれば、イメージした音が作れるのかもしれません。

しかし「ここを触ると、このように音が変わる」と知っていた方が、実力もつくことでしょう。

次の記事ではシンセサイザーを勉強する際に、お勧めの本を紹介しています。