※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

【シンセサイザー】Mai Tai ビブラートとPWMの作り方

ビブラートアイキャッチ シンセ Mai Tai
この記事は約6分で読めます。
PR

シンセサイザーで音に、ビブラートをつける方法はご存知でしょうか?

ヒロイン
ヒロイン

えっ、シンセサイザーも、包めるんですか?

ブーキー
ブーキー

包む?オブラートですか?

シンセサイザーで、ビブラートのつけ方です。

LFOでオシレーターのピッチをモジュレーション(変調)すると、ビブラートになる。

ビブラートさせること自体は、難しくはありません。

LFOの使い方を覚えるのに、ビブラートは良い練習になります。

この記事ではStudio Oneのシンセサイザー、Mai Taiでビブラートのつけ方を紹介しています。

  • Mai Taiでビブラートのつけ方
  • PWM

この記事ではオシレーターとLFOについて、解説していません。

オシレーターはこちらの記事で、紹介しています。

LFOを紹介している記事は、こちらです。

Mai Taiをお持ちでしたら、実際に動かしながら読むとより効果的です。


PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

シンセサイザーのビブラート

ビブラートはギターやバイオリンなど、さまざまな楽器で一般的に使用される演奏技法です。

そもそもビブラートとは、何でしょうか?

ビブラートは楽器を演奏する際、音の高さを微妙に揺らす奏法。

ビブラートは音楽に感情や表現力を与えるために、使用されています。

シンセサイザーでビブラートは、どのようにしてつけるのでしょうか?

ビブラートは「音の高さを、微妙に揺らす奏法」です。

音の高さ、ピッチを設定するのはオシレーター

揺らすための波を作るのは、LFO

LFOでオシレーターのピッチを揺らすと、ビブラートになります。

Mai Tai ビブラートの設定

この先はStudio Oneのシンセサイザー、Mai Taiを使って解説しています。

LFOがオシレーターのピッチを、モジュレーションするようにします。

設定をするのはMai Taiにて下の方にある、モジュレーションマトリックスです。

モジュレーションマトリックス
モジュレーションマトリックス
  1. 「Mod A」か「Mod B」を選び、空いている番号を使う。
  2. 一番上はモジュレーション元、「LFO1」か「LFO2」。
  3. 一番下はモジュレーション先、「OSC1-Pitch」。

モジュレーションマトリックの水色のスライダーは、モジュレーション信号の量です。

今は最大、一番右にしておきます。

これでLFOがオシレーターのピッチを、モジュレーションするようになりました。

Mai Tai ビブラートの作り方

LFOのパラメーターを見ます。

ビブラートのLFO
ビブラートのLFO

LFOの波形を、選択します。

ビブラ―トの場合、LFOの波形は三角波、もしくはサイン波が一般的。

RateでLFOが発振する、周波数を設定します。

ビブラートの場合、だいたい5Hz程度が標準です。

実際に聞いてみて、好きな値にして下さい。

5Hzは1秒に、5回の波を持つことを意味します。

5Hz
5Hz

現状ですとピッチの揺れが大き過ぎ、全くビブラートに聞こえません。

モジュレーションマトリックスの水色のスライダーで、ピッチの揺れの大きさを調整します。

ビブラートのスライダー
ビブラートのスライダー

スライダーの真ん中はモジュレーションが生じない為、ビブラートはかかりません。

効果があるのは、真ん中から右端の間です。

どのくらいにするのかは好みで大丈夫ですが、ビブラートの場合は基本、少な目にします。

これでビブラートを、作ることができました。

上記の設定で、音にしてみました。

分かり易いように、モジュレーション信号を大きめにしています。

ビブラート

LFOの波形を変えてみる

先ほどと設定は同じまま、LFOの波形を変えるだけで違った音が作れます。

LFOのRate、モジュレーションマトリックスの水色のスライダーで、かかり具合を調整します。

短形波とランダム&ホールド
短形波とランダム&ホールド

短形波にすると、2つの音が切り替わります。

短形波

サンプル&ホールドでは、ロボットのような音になりました。

サンプル&ホールド

Mai Tai PWM

最後にPWMについて、紹介します。

ヒロイン
ヒロイン

突然、車メーカーの名前が出てきてますしたが?

ブーキー
ブーキー

車ともビブラートとも関係ありませんが、PWMは意外と重要です。

短形波は上下の長さ(パルス幅)の比率が50/50、同じ長さの波形です。

短形波

パルス幅を、随時変化できる波形がPWMです。

パルスウィズ・モジュレーション、Pulse Width Modulation、略してPWM。

PWM
PWM

PWMはビブラートと違い、ピッチが変化するわけではありません。

PWMは波形が変化、それにより倍音の状態が変化、よって音色が連続して変化する。

Mai TaiでPWMのつまみは、オシレーターの波形で短形波を選択した時のみ表示されます。

PWM
PWM

LFOを使い、パルス幅を揺らします。

モジュレーションマトリックスで、LFOのモジュレーション先を、オシレーターのパルス幅に設定します。

「Mod A」か「Mod B」を選び、空いている番号を使う。
一番上はモジュレーション元、「LFO1」か「LFO2」。
一番下はモジュレーション先、「OSC1-width」。

PWMの注意点です。

パルス幅は0になると、無音になる。

各パラメーターの値によっては、LFOでパルス幅を揺らすと、パルス幅が一時的に0になる時があります。結果、音が途切れます。

途切れる場合は、どちらかを変更します。

(1)PWMのつまみを、右側にもっていく。

(2)モジュレーションマトリックスの水色のスライダーで、モジュレーション信号の量を減らす方向にもっていく。

PWMを音にしてみました。

PWM

Mai Tai ビブラート まとめ

シンセサイザーのビブラートは、LFOでオシレーターのピッチをモジュレーションします。

LFOの波形は三角波、もしくはサイン波が一般的です。

モジュレーションマトリックスの水色のスライダー、LFOのRateでかかり具合を調整します。

シンセサイザーの音作り
シンセサイザーで音作り

シンセサイザーの音作りは、楽典や作曲とは全く違う知識が必要です。

初めてシンセサイザーをやる場合、パラメーターやつまみが何を意味しているのか、理解するのが難しいです。

プリセットからパラメーターをいじれば、イメージした音が作れるのかもしれません。

しかし「ここを触ると、このように音が変わる」と知っていた方が、実力もつくことでしょう。

次の記事ではシンセサイザーを勉強する際に、お勧めの本を紹介しています。