※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

作詞と作曲どっち先? 詞先と曲先のメリットを紹介 作曲初心者向け

作詞
この記事は約4分で読めます。
PR

曲を作り始める時、作曲と作詞はどちらが先でしょうか?

ヒロイン
ヒロイン

作詞と作曲、宿題・・・宿題は最後と、すぐに決まるのですが・・・

ブーキー
ブーキー

まずは宿題を、終わらせて下さい。

この記事では「先に作曲をするメリット」、「先に作詞をするメリット」を紹介しています。


PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

曲先とは?詞先とは?

曲を作る方法は、大きく3つに分けることができます。

  • 作詞から始める。
  • 作曲から始める。
  • 作詞と作曲、同時進行。

作詞から始める、作曲から始めるの用語を2つ記載します。

作曲を先に行う方法を、「曲先(きょくせん)」と言う。

作詞を先に行う方法を、「詞先(しせん)」と言う。

詞先と曲先のイラスト
詞先と曲線

詞先と曲先、自分に合った方を選べば良いのですが、多いのは曲先です。

曲先のメリット

曲先がお勧めの理由を、5つ書きます。

(1)音楽は、メロディが重要。

歌詞にとらわれるなく、自由にメロディを作ることができる。

(2)鼻歌も作曲です。

気軽に取りかかることができる。

(3)我々は、日本語の達人である。

出来あがったメロディに、歌詞をつける方が簡単なはずです。

  • テストが不安(7文字)
  • テストが心配(8文字)
  • テストがやだ(6文字)

メロディに合った文字数を考えることも、難しくはありません。

(4)いきなりメロディが思いつかない場合でも、コードを鳴らしながらメロディを考える方法もできる。

コードとメロディを同時進行で作るのも、有力な方法です。

(5)主流が曲先。

作詞と作曲が別の方の場合、通常は作曲→作詞の順番でまわってきます。

メロディに歌詞を
メロディに歌詞を

詞先のメリット

詞先のメリットを、記載します。

(1)思いのままに、歌詞が作れる。

(2)メロディに対し、全く手が出ない訳ではない。

例えば「しせん」という歌詞を、作ったとします。

「しせん」は3文字。入れるべき音符は、3つです。

歌詞「しせん」の音符数
しせんの音符数

歌詞「しせん」に合うような、音の長さに変えてみます。

歌詞「しせん」の音の長さを調整
しせんの音の長さ

歌詞「しせん」に合うように、音の高さを変更してみます。

歌詞「しせん」の音の高さ
しせんの音の高さ
メロディが降ってこない
メロディが降ってこない

詞先でのメロディの付け方

歌詞からメロディを作る方法を、もう少し詳しく紹介します。

曲名は「曲先か詞先か」。

サビの一部分だけを、作ることとします。

キーは、Cメジャーです。

Cメジャースケール
Cメジャースケール

3和音のダイアトニックコードも、記載します。

Cのダイアトニックコード
キー=Cにおける3和音のダイアトニックコード

「メロディ先が良いけれど」という、歌詞を作りました。

歌詞を各小節分に合うように、区切り良く割り振ります。

メロディ / さきが / いいけれ / ど

コード進行は先でも、メロディを作りながらでも、後でも良いのです。

今回はコード進行を決めてから、メロディを考えます。

「Am-F-G-C」

最初の小節です。

  • コード:Am
  • 構成音:ラドミ
  • 歌詞:メロディ

2つを手掛かりに、メロディを考えます。

メロディのメロディの楽譜
メロディのメロディ

次の小節です。

  • コード:F
  • 構成音:ファラド
  • 歌詞:さきが

この2つを手掛かりに、メロディを考えます。

前の小節で出来たメロディとの繋がりも、少し考慮する必要で出てきました。

さきがメロディ
さきがのメロディ

次の小節です。

  • コード:G
  • 構成音:ソシレ
  • 歌詞:いいけれど

3小節目と4小節目は繋がっている為、一緒に考えます。

最後の小節です。

  • コード:C
  • 構成音:ドミソ
  • 歌詞:ど

上記の要素を考慮し、メロディを考えてみます。

いいけれどのメロディ
いいけれどのメロディ

最後に選択したメロディを繋げ、大きな視点で最終調整です。

完成した曲が、こちらです。

詞先サビの楽譜
詞先サビの楽譜

実際に、音にしてみました。

「詞先」サビ

この後は「メロディが出てこない~」と、続くことになります。

メロディを考えている時、より良いコードが思いついたら、コードを変更です。

良いメロディが思い浮かび、歌詞を変更したくなった場合も、歌詞を変更です。

詞先と曲先のまとめ

「詞先」と「曲先」のメリットを、紹介しました。

一番は自分に合った方法で、作曲を行うことです。

作詞のさらなるレベルアップへ

作詞をやってみて、勉強して思ったことは「作詞は難しい」ということ。

普通に書く分には出来ますが、良い歌詞を作るのは非常に難しく感じます。

下記の記事では作詞を勉強する上で、お勧めな本を紹介しています。

作詞

イイ音もって出かけよう!

PR

日本初にして日本最大級の
イヤホン・ヘッドホン専門店