※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

【コード進行】カデンツとは スリーコードと代理コード 初心者向け

カデンツアイチャッチ コード
この記事は約7分で読めます。
PR

コードを覚え、コードの構成音が分かるようになりました。

その時に、ふと思うことがあります。

覚えたコードを、どのようにつなげていくのだろうかと。

最初はカデンツを覚えることを、お勧めします。

ヒロイン
ヒロイン

最近、カデンツ芸人見ませんね・・・

ブーキー
ブーキー

カデンツは、音楽の用語です。

カデンツを覚えると、コード進行の基本形が分かります。

基本形にコードCやGを当てはめると、簡単なコード進行が作れます。

「カデンツを厳守して、コード進行を作るべし!」という訳では、ありません。

カデンツを知っていると、コード進行を考える上での、手助けとなります。

この記事ではカデンツについて、紹介しています。

  • カデンツ
  • スリーコード
  • 代理コード

PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

カデンツ

早速本題の、カデンツについてです。

カデンツの意味とは

カデンツとは、何でしょうか?

安定したコードで終わるコード進行の最小単位が、「カデンツ」。

カデンツを構成する要素は、3つです。

(1)「トニック(T)」 安定感と、落ち着きがある。

・曲の始まりと終わりは、トニックになることが多く、「T」で表す。

(2)「ドミナント(D)」 不安定で、落ち着きがない。

・次はトニックに進みたく、「D」で表す。

(3)「サブドミナント(SD)」 少し不安定で、少し落ち着きがない。

・トニックと、ドミナントをつなぐ。「SD」、または「S」で表す。

  • T(トニック)
  • D(ドミナント)
  • SD(サブドミナント)

3つの名前や記号はよく出てくるので、覚えるようにします。

カデンツの型

カデンツには、3つの型があります。

3つの型を「T(トニック)、D(ドミナント)、SD(サブドミナント)」を使って表します。

(1)T(トニック)-D(ドミナント)-T(トニック)

(2)T(トニック)-SD(サブドミナント)-D(ドミナント)-T(トニック)

(3)T(トニック)-SD(サブドミナント)-T(トニック)

例外的にロックやポップスでよく使われる型も、記載します。

(4)T(トニック)-D(ドミナント)-SD(サブドミナント)-T(トニック)

どのカデンツも、始めと終わりは、T(トニック)です。

後は真ん中の部分に「D,SD」を入れたり、入れなかったり、入れ替わっているだけになります。

キー=Cのスリーコード

何のコードが、何のカデンツの型になるのか?です。

キー=Cにおける、3和音のダイアトニックコードを記載します。

キー=Cの3和音のダイアトニックコード
3和音のダイアトニックコード

1番目「C」と4番目「F」、5番目「G」を、スリーコード(主要三和音)と呼びます。

スリーコードの「C,F,G」は、T(トニック),D(ドミナント),SD(サブドミナント)の何に当たるのでしょうか?

Cはトニック(T)、Gはドミナント(D)、Fはサブドミナント(SD)

Cメジャースケールの最初の音の「C」を「Ⅰ」、2番目の音の「D」を「Ⅱ」・・・と音をローマ数字に置きかえて、ダイアトニックコードに表してみます。

度数ダイアトニックコード
ディグリー・ネーム

「Ⅰ、Ⅱm・・・・・」とローマ数字に置きかえて記したものを、ディグリー・ネームと呼びます。

ディグリー・ネームにて、カデンツの型を言い直します。

・スリーコード(主要3和音)は、「Ⅰ、Ⅳ、Ⅴ」。

  • 「Ⅰ」はトニック(T)
  • 「Ⅴ」はドミナント(D)
  • 「Ⅳ」はサブドミナント(SD)

キー=Cのスリーコードを、カデンツの型に

3(+1つ)のカデンツを、スリーコードとディグリー・ネームに当てはめます。

(1)カデンツ:T-D-T

→ コード進行:C-G-C

→ ディグリー・ネーム:Ⅰ-Ⅴ-Ⅰ

(2)カデンツ:T-SD-D-T

→ コード進行:C-F-G-C

→ ディグリー・ネーム:Ⅰ-Ⅳ-Ⅴ-Ⅰ

(3)カデンツ:T-SD-T

→ コード進行:C-F-C

→ ディグリー・ネーム:Ⅰ-Ⅳ-Ⅰ

(4)T-D-SD-C

→ コード進行:C-G-F-C

→ ディグリー・ネーム:Ⅰ-Ⅴ-Ⅳ-Ⅰ

4つのコード進行が、できました。

スリーコード「C,F、G」以外にも、コード「DmやEm等」はあります。

スリーコード以外も同じように、T(トニック),D(ドミナント),SD(サブドミナント)を、当てはめられます。

キー=Cの代理コード

再び、3和音のダイアトニックコードです。

キー=Cのダイアトニックコードを再掲載
キー=C ダイアトニックコード
度数ダイアトニックコード
ディグリー・ネーム

この中で「C,F,G」の3つを、「スリーコード」と呼びました。

他のコード「Dm,Em、Am、Bm(♭5)」を、代理コードと呼びます。

Ⅱm、Ⅲm、Ⅵm、Ⅶm(♭5)は、代理コード。

代理コードにT(トニック),D(ドミナント),SD(サブドミナント)を、当てはめます。

キー=Cの3和音ダイアトニックコードにおけるTとDとSD
キー=C 3和音のダイアトニックコード カデンツ

3和音ダイアトニックコード、ディグリー・ネーム、「T、D、SD」を表にしました。

C Dm Em F G AmBm(♭5)
ⅡmⅢm Ⅵm(♭5)
TSDTSD DTD
ディグリー・ネームにて

4和音になっても、「T-SD-T・・・」は同じです。

キー=Cの4和音ダイアトニックコードにおけるTとDとSD
キー=C 4和音抱いたトニックコード カデンツ

キー=Cの代理コードを使う

代理コードの基本的な使い方を、2つ記載します。

(1)スリーコードを、同じ役割の代理コードに置き換える。

(2)代理コードで、コード進行を延長する。

代理コードで置き換える

「スリーコードを、同じ役割の代理コードに置き換えることができる」

(1)コード進行「C-F-G7-C」が、ありました。

(2)Fは、SD(サブドミナント)です。

(3)SDの代理コードに、Dmがあります。

(4)F→Dmに、置きかえることができます。

(5)「C-Dm-G7-C」のコード進行が、できあがりました。

コード進行を延長させる

「代理コードで、コード進行を延長することができる」

(1)「C-Dm-G7-C」の最初、「C」のトニック部分をもっと長くしたいとします。

(2)作りたいコード進行は、「C-T(トニック)-Dm-G7-C」です。

(3)「T(トニック)」の代理コードに、「Am」があります。

(4)2つ目の「T」に、「Am」を入れることができます。

(5)トニックが「C-Am」と延長され、「CーAmーDmーG7ーC」になりました。

「C-Am-Dm-G7」は「イチロクニーゴー」という、よく知られたコード進行です。

キー=GのT,D,SD

今までコード「C」は、トニックと解説してきました。

コード「C」は、いつもトニックという訳ではありません。

キーが変わりますと、同じコードでも、役割が変わるからです。

キー=Gメジャーを例にし、どういうことなのかを紹介します。

キー=Gメジャーにおける、3和音のダイアトニックコードです。

キー=Gの3和音のダイアトニックコード
キー=G 3和音のダイアトニックコード

キー=Gメジャーにおける、T(トニック)、D(ドミナント)、SD(サブドミナント)を考えます。

「T-SD-T-SD-D-T-D」の順番は、どのキーになっても変わりません。

キー=Gの3和音ダイアトニックコードにおけるTとDとSD
キー=G カデンツの割り当て

1番目「G」はT(トニック)、4番目「C」はSD(サブドミナント)、5番目「D」はD(ドミナント)です。

キー=Gメジャーの場合、スリーコードは「G,C,D」。

キー=Cメジャーの場合、「C」はT(トニック)でした。

キー=Gメジャーの場合、「C」はSD(サブドミナント)です。

キー=Cメジャーの場合、「G」はD(ドミナント)でした。

キー=Gメジャーの場合、「G」はT(トニック)です。

キーが違えば、同じコードでも役割は変わる。

カデンツ まとめ

カデンツの構成要素は、3つありました。

  1. T(トニック)
  2. D(ドミナント)
  3. SD(サブドミナント)

3つの要素使って、基本的な型を作っていきます。

  1. T-D-T
  2. T-SD-D-T
  3. T-SD-T
  4. T-D-SD-T

ダイアトニックコードにて1番目(T)、4番目(SD)、5番目(D)の3つを、スリーコードと呼びます。

その他のコードを、代理コードと呼びます。

CDmEmFGAmBm(♭5)
ⅡmⅢmⅥm(♭5)
TSDTSDDTD
ディグリー・ネームにて

同じ「C」コードでも、キーが違うと役割が変わります。

コード理論をさらに勉強する為に

コード理論・進行をさらに勉強したい場合、専用の本で覚えることをお勧めします。

コード理論はいきなり難しい項目から見ても、理解するのは難しいです。

本は覚えるべき点から順に解説されている為、理解もしやすく効率的に学ぶことができます。

次の記事ではコード理論・進行を勉強するのに、お勧めの本を紹介しています。

コード

イイ音もって出かけよう!

PR

日本初にして日本最大級の
イヤホン・ヘッドホン専門店