※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

【音楽】コードの転回とは? 転回のポイントと、やり方の紹介

転回アイキャッチ コード
この記事は約5分で読めます。
PR

作曲を始めて、コード進行を考える時がきました。

「C-FーDmーG」のコード進行を入れようと思い、下記のようなコード進行を打ち込みました。

コード進行CーF-DmーG
C-F-DmーG

このコード進行を見て、ある人は言いました。

「これは初心者が使いがちな、コード進行ですよ」と。

ヒロイン
ヒロイン

DmをDMにして、ダイレクトメール?

ブーキー
ブーキー

そこは、Dmで合ってます。

この記事では、転回について紹介しています。

  • 転回
  • 転回形
  • 転回のポイント

PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

転回させない時の問題点

最初に記載した「C-FーDmーG」のコード進行は、何が問題だったのでしょうか?

問題点の1つに、コード進行が上下している点があります。

C-F-Dm-Gにてコードの上下
コード進行の上下

上記のコード進行を、イラストで表してみました。

CとFでジェットコースター

なんだか聞いていて、疲れそうなコード進行に見えませんか?

このコード進行の上下をなるべくなくす為に、各コードを転回します。

コードを転回すると、コード進行をスムーズにすることができます。

転回とは

転回とは、何なのでしょうか?

ヒロイン
ヒロイン

天下一武道会、略して「てんかい」。

ブーキー
ブーキー

字が全然、違います。

転回とは、音の上下関係を変えることです。

最初は和音でなく、2つの音での転回を考えてみます。

2つの音のうち、低い方の音を1オクターブ上げることにより、もう1つの音より高くすることを「転回」と呼ぶ。

「E」と「G」の音を例にし、説明します。

低い音の方の「E」を1オクターブ上げると、「E」は「G」より高い音になりました。

EとGで転回
2つの音で転回

これが、転回です。

3和音で転回

次は3和音での転回を、考えてみます。

例題で使用するコードネームは、「Em」です。

基本形

Emの構成音は「E、G,B」、根音(ルート音)は「E」です。

根音が最低音である和音の形を、「基本形」と呼びます。

Emの基本形
Emの基本形

第一転回形

次に基本形「Em」を、転回します。

基本形の最低音を転回させた和音が、第一転回す。

基本形「Em」の最低音「E」を1オクターブ上げると、第一転回形の「Em/G」です。

転回した時のコードネームの付け方は、(元のコードネーム)/(最低音)

Emの第一転回形
Emの第一転回形

元のコードネームは「Em」、最低音は「G」。

Emの第一転回形は、「Em/G」と表します。

第二転回形

Emの第一転回形を、さらに転回させます。

第一転回形の最低音を転回させた和音が、第二転回形

第一転回形の最低音「G」を1オクターブ上げると、第二転回形の「Em/B」です。

第二転回形
第二転回形

もう一度転回しますと、「Em/E」。

それは「Em」と同じで、基本形に戻ります。

転回形のまとめ

キー=Cのダイアトニックコードを掲載します。

キーCのダイアトニックコード
ダイアトニックコード

キー=Cメジャーにて、Emはトニックでした。

Emを転回した、3つのコードを記載します。

Emの転回形
Emの転回形

転回したところで、コードの役割が変わることはない。

上記Emの転回形3つは、キー=Cメジャーにおいて、全てトニックです。

4和音の転回形

転回は3和音だけではなく、4和音でも可能です。

「CM7」を例にします。

「CM7」の構成音は、基本形で「C E G B」です。

基本形から最低音の「C」を1オクターブ上げて、「E G B C」にした形が第一転回形。

コードネームは元のコードが「CM7」、最低音が「E」で「CM7/E」。

CM7の第一転回形
CM7の第一転回形

この先は3和音と同じように、第二、第三と進んでいきます。

3和音と比べて4和音は構成音が1つ多い為、「第三転回形」ができます。

CM7の転回形
CM7の転回形

転回のやり方とポイント

最初に記載しました、「C-F-Dm-G」のコード進行です。

転回を使用して、各コード間の上下を少なくすることを考えていきます。

CFDmGのコード進行
元のコード進行

コード進行にて、転回をするときのポイントです。

コード進行の上下を少なくする為に有効なことは、同じ音を揃えること。

コード「C」(,E,G)と、「F」(F,A,)の共通音は「C」です。

「C」の高さは揃えて、コード「F」を転回します。

コード「Dm」(,F,A)と、「G」(G,B,)の共通音は「D」です。

「D」の高さを揃えて、コード「G」を転回します。

そうしてできたコード進行が、こちらです。

転回した後のコード進行
転回した後のコード進行

だいぶコード進行の上下が、なくなったのではないでしょうか?

転回をした場合のコード進行を、イラストにしてみました。

転回をした場合のコード進行のイメージ図
転回を使用した場合のイラスト

穏やかな感じです。

コード進行の答えは、1つではありません。

原則に従わない場合もあることを、最後に記載して終わりにします。

転回 まとめ

最低音を1オクターブ上げることにより、その音を高くすることを「転回」と呼びます。

転回しましても、トニック、サブドミナント、ドミナント等、元のコードの特徴は変わりません。

コードを転回をすることにより、コード進行の上下を少なくし、スムーズなコード進行を作ることができます。

転回をするときのポイントは、「共通の音はそのままにする」です。

コード理論をさらに勉強する為に

コード理論・進行をさらに勉強したい場合、専用の本で覚えることをお勧めします。

コード理論はいきなり難しい項目から見ても、理解するのは難しいです。

本は覚えるべき点から順に解説されている為、理解もしやすく効率的に学ぶことができます。

次の記事ではコード理論・進行を勉強するのに、お勧めの本を紹介しています。

コード

イイ音もって出かけよう!

PR

日本初にして日本最大級の
イヤホン・ヘッドホン専門店