※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

Studio One IMPACT XT Choke(チョーク)

ドラムの打ち込み
この記事は約5分で読めます。
PR

ドラムにて、チョークをご存じでしょうか?

ヒロイン
ヒロイン

あのクリ〇ンが、スーパーサ〇ヤ人に?超ク〇リン?

ブーキー
ブーキー

微妙な強さに、なりそうですね。

ドラムのチョークは知らなくても、打ち込みはできます。

しかし知っていると、ドラムの打ち込みにて幅が広がります。

この記事では「Studio One IMPACT XT」にて、チョークを紹介しています。

  • チョークとは
  • チョークの設定方法
  • チョークの使い方
  • シンバルチョーク

PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

チョークとは

ドラムにおけるチョークとは、どのような意味なのでしょうか?

ドラムのチョークは、音の伸びを止めて短く切ること。

ドラムのチョークでよく例になるのは、ハイハットとシンバルです。

シンバルチョークは別記事で、下記で紹介しています。

ハイハットオープンとクローズ チョーク

ハイハットを例にし、チョークを紹介します。

ハイハットの奏法には、オープンとクローズがあります。

ハイハットオープンとクローズ
ハイハットオープンとクローズ

オープンはクローズに比べて、音の伸びが長いです。

ハイハットはクローズとオープンを交えて、演奏します。

16ビートの最後を、オープンにした楽譜です。

16ビートハイハットオープン
16ビートハイハットオープン

上記楽譜を、何もせずに音にしました。

クローズとオープン チョークなし

オープンの伸びた音が、次のクローズの音と重なって聴こえます。

16ビートオープンの音が伸びる
16ビートオープンの音が伸びる

クローズとオープンは、同じハイハットで叩きます。

2小節目頭のクローズを叩くと、1つ前に叩いて伸びたオープンの音は小さく、ほぼなくなっているはずです。

それを再現するのに、チョークの機能が使えます。

チョークを使うと、2小節目頭クローズの音で、オープンの音が消えます。

クローズとオープンのチョークあり

オープンの音が短くなり、スッキリした印象です。

音の長さを変更した訳ではなく、クローズとオープンにチョークの設定をしただけです。

なおDTMですので、オープンの音が伸びた方がよければ、そのままで良いでしょう。

チョークの設定

「Studio One IMPACT XT」にて、チョークの設定方法です。

やり方はとても、簡単です。

例題でハイハットオープンとクローズを、チョークの関係にします。

(1)チョークの対象にするパッドを、1つ選択する。

まずは、オープンを選びました。

突然ですが、用語の説明です。

左下にいくつもある、正方形の枠1つを「パッド」と呼びます。

チョークの設定 楽器の選択
チョークの設定 楽器の選択

(2)右上にある、「Choke」を選択。

チョーク 番号の選択

「self、1~16」が、表示されました。

この中から、使っていない数字を選択。

(3)同じようにクローズにも、チョークに同じ数字を設定。  

ハイハットクローズとオープンが、チョークの関係になりました。

チョークの選択画面で、1つ数字ではない「Self」あります。

selfを入れると、どうなるのでしょうか?

Selfは、1つの楽器にチョークを使う時に使用する。

詳しくは、後ほど解説します。

チョークの使い方

2つの楽器、ハイハットオープンとクローズをチョークにするのは、チョークの数字を揃えるだけでしたので簡単です。

1つの楽器でチョークをするには、注意事項があります。

実際に音が出ないと、チョークにはならない。

どういうことなの、シンバルチョークを例にして紹介します。

シンバルチョークにならない例

シンバルチョークにならない例を、2つ記載します。

(1)相手に音源の入っていないパッドを用意し、同じチョーク番号を設定しても、チョークにはならない。

音源を入れていないPad
音源を入れていないPad

クラッシュシンバルの音が、そのまま鳴り響きます。

(2)相手のパッドをミュートしたら、チョークにはならない。

Padをミュート

クラッシュシンバルの音が、そのまま鳴り響きます。

では1つの楽器で、どうすればチョークが出来るのでしょうか?

ヒロイン
ヒロイン

課金ですか?

ブーキー
ブーキー

無料でできます。

シンバルチョークのやり方を、2つ記載します。

チョークでself

(1)チョークしたい楽器のチョークを、selfにします。

Chokeでselfを選択

(2)チョークしたいタイミングで、ベロシティ1%の音を入れる。

ベロシティを1にしてチョーク
ベロシティを1にしてチョーク

この方法の問題点は、チョークしたくない時もチョークになることです。

もう一つの方法を、紹介します。

同じ音を2つ用意する

(1)同じ音を別々のパッドに入れ、チョークの数字を揃える。

1つは鳴らす用、もう1つはチョーク用。

同じ音を用紙する

(2)チョークするタイミングで、チョーク用のベロシティを1%で打ち込む。

シンバルチョークをした時の、音です。

シンバルチョーク

初め2小節は、8分音符のタイミングでチョーク。

次の2小節は、16分音符のタイミングでチョーク。

チョークをするタイミングで、だいぶ音が違くなることが分かります。

IMPACT XT チョーク まとめ

ドラムにおけるチョークとは、音の伸びを止めて短く切ること。

チョークは実際に相手の音が鳴らないと、チョークにはならない。

チョークするタイミングにより、音は違います。

どのタイミングでチョークをするのか、色々と試すことが必要です。

突然ですが、質問です。

ドラムの打ち込みを上達させるには、何をするのが良いでしょうか?

たくさん答えはあるかと思いますが、1つはより多くの「フレーズ、リズムパターン」を知ることです。

次の記事ではドラムの打ち込みで参考になった、お勧めの本を紹介しています。