※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

【Studio One】エフェクター フランジャーとは【使い方】

フランジャーのアイキャッチ エフェクター
この記事は約5分で読めます。
PR

エフェクターの1つ、フランジャーはご存知でしょうか?

ヒロイン
ヒロイン

炊飯ジャーの、おフランス版ですかね?

ブーキー
ブーキー

それは実際に、ありえそうな意味ですね。

フランジャーはギターで、特にソロでよく使われています。

フランジャーを使って鳴る音は、「うねり、ねじれ」を帯びた独特な音です。

フランジャーはシンセサイザーでも、サウンドを作成する時に使います。

この記事ではStudio Oneのエフェクトと、シンセサイザーMai Taiの「Flanger」のパラメーターについて、紹介しています。

  • フランジャーとは
  • エフェクトのフランジャー
  • Mai Taiのフランジャー

PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

フランジャーとは

フランジャーとは何なのか?について、紹介します。

モジュレーション系エフェクター

フランジャーは、モジュレーション系エフェクターの1つです。

モジュレーション系エフェクターは他にも、フェイザーやコーラスがあります。

モジュレーションの意味は、「変調」。

信号によって、音を変化させます。

モジュレーション元の代表的な存在の1つが、LFOです。

LFOはLow Frequency Oscillatorの頭文字の略で、意味は「低周波発振器」。

LFOの揺れる、繰り返す波でモジュレーションすることで、対象を変化させる。

LFOはフランジャーでも、使います。

LFOの波形は、色々あります。

エフェクターで使うLFOの波形は、サイン波か三角波が多いです。

サイン波
サイン波
三角波
三角波

フランジャーの仕組み

フランジャーの仕組みを、紹介します。

フランジャーの仕組み

1つの入力信号を、同じ2つの信号に分割する。

一方の信号には、ディレイ回路を適用します。

ディレイ回路は、波形を変えずに遅れが作れる回路です。

微妙に遅れた信号と、原音を重ね合わせる。

どのくらい遅らせるのかの時間、ディレイ・タイムをLFOで周期的に変化させます。

フランジャーの大きな特徴は、フィードバック回路です。

フィードバックとはエフェクト処理された信号を、もう一度インプットに戻すことです。

エフェクト処理された音と原音を合わせて出力することにより、独特な音が鳴ります。

ヒロイン
ヒロイン

全く意味が分かりません。

ブーキー
ブーキー

難しいですよね。なんとなくで、大丈夫です。

Studio One フランジャー

Studio Oneのエフェクトにある「Flanger」の、パラメーターを紹介します。

Flangerのパラメーターは、5つです。

実際にパラメーターを1つ1つ動かせば、各パラメーターの効果は感じられます。

Studio One フランジャー
Studio One フランジャー

(1)Feedback

Feedbackでフィードバックさせるディレイ出力の量を、調整します。

真ん中は0%。右側いっぱいまで回すと90.0%。

左側は負の値で、-90.0%まで。

負の値を指定すると、フィードバックの位相が反転します。

フィードバックを上げると、金属的でねじれたような音色を持つ「ジェット・サウンド」が鳴る。

(2)Delay

Delayで、ディレイ・タイムを調整します。

値は、0.25msから10msの間です。

(3)LFO-Amount

LFO-Amountで、LFOでディレイ・タイムを変化させる、度合いを調整します。

0.0%から100%の値を、とります。

(4)Speed

1秒間に繰り返される波の数を、周波数と言います。

周波数の単位は、「ヘルツ (Hz)」です。

1Hzは1秒に、1回の波を持つことを意味します。

1秒間に5回繰り返されれば、5Hzです。

5Hz
5Hz

Speedで、LFOの速度を調整します。

0.01 Hzから10Hzの、値をとります。

Speedはなるべく遅めにした方が、フランジャーらしい音になる。

(5)Sync

LFOの速度は、テンポに同期させることができます。

「Sync」クリックするとLFOのテンポ同期が、オンオフで切り替わります。

「Sync」がオンで、Speedの表示が音符に。4分音符や8分音符等の値から、選択します。

(6)Mix

Mixで原音とフランジャーで処理した音の、混ざり具合を調整します。

値は、0.0%から100%です。

フランジャーはパラメーターが少ない分、何か1つを変えると変化の割合は大きいです。

ギターにて、フランジャーを使用して音にしました。

フランジャー

Mai Tai フランジャー

Studio Oneのシンセサイザー、Mai Tai内にもフランジャーはあります。

Mai TaiのFlanger

「MOD/FX」セクション→「FX A」→「Modulation」の中にある「Flanger」を選ぶと、フランジャーが使えます。

パラメーターの名前は違いますが、効果は同じです。簡単に記載します。

Mono:オンにするとエフェクトのかかった信号が、モノに合算される。

Delay:ディレイ・タイムを、10.0msまでの間で設定。

Speed:LFOでモジュレーションする、スピードを決める。

Width:モジュレートする度合いを、0%~100%の間で設定。

FB:フィードバックさせる出力信号の量を、0%~99%で調整。

Sync:モジュレーションスピードを、テンポに同期する音符に変更。

8分音符や4分音符等の中から、選択できるようになる。

Depth:原音とフランジャーで処理された音の、混ざり具合を調整。

エフェクターの勉強方法
エフェクターの勉強方法

EQ、コンプレッサー等、ミックスで使うエフェクターの解説はたくさんあります。

それ以外のエフェクター、フランジャー等のエフェクターを扱っていることは少ないです。

しかしフランジャーもそうですが役に立つ、重要なエフェクターはたくさんあります。

次の記事では、エフェクターの勉強方法について紹介しています。