※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

【音楽】「ディミニッシュコード」とは 構成音と使い方、特徴の解説

ディミニッシュコードアイキャッチ ノンダイアトニックコード
この記事は約5分で読めます。
PR

ノンダイアトニックコードである「ディミニッシュコード」は、ご存知でしょうか?

ヒロイン
ヒロイン

デミグラスハンバーグを知らない方、少ないのでは?

ブーキー
ブーキー

それは、少ないことでしょう。

ディミニッシュコードはよく使うコードで、覚えやすく使い方も分かり易いのが特徴です。

この記事ではディミニッシュコードについて、紹介しています。

ディミニッシュコード

  • 特徴
  • 構成音
  • 使い方

PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

ディミニッシュコード トライトーン

ディミニッシュコードはダイアトニックコードでない、ノンダイアトニックコードです。

ディミニッシュコードの、大きな特徴です。

ディミニッシュコードは、2つのトライトーンを持つ。

トライトーンとは

トライトーンとは、何でしょうか?

ヒロイン
ヒロイン

トライにトーン?ラクビーの音色?

ブーキー
ブーキー

たくましい音が、鳴りそうですね。

トライトーンとは増四度、または減五度の別名で、「全音3つ分」の音程。

増四度や減五度等の度数は、こちらの記事で紹介しています。

コード「G7」を例に、トライトーンを紹介します。

G7の構成音は、「G B D F」。

G7

G7の構成音「BとF」の音程は、何になるのでしょか?

トライトーン

「FとB」の音程は、全音3つで増四度、トライトーンの関係です。

トライトーンの、特徴です。

トライトーンは不安定で、不協和音に聞こえる。

ディミニッシュコードのトライトーン

「Cディミニッシュコード」を、記載します。

コード表記は「Cdim」、構成音は「C E♭ G♭ A」。

Cdim
Cdim

「Cdim」の構成音、「CとG♭」の音程を見てみます。

CとGフラットのトライトーン
CとG♭のトライトーン

「CとG♭」の音程は、全音3つで増四度、トライトーンの関係です。

同じように「E♭とA」の音程も、全音3つで増四度、トライトーンの関係です。

ディミニッシュコードはトライトーンを2つもつ、とても不安定な響き。

ディミニッシュコードの種類

ヒロイン
ヒロイン

トライトーンの話で、お腹いっぱいになってきたのですが・・・

ブーキー
ブーキー

残念ながら、ここからが重要な部分です。

ディミニッシュコード 構成音

ディミニッシュコードの構成音が、何になるのかです。

ディミニッシュコードはルート音から、短3度(半音3つ)ずつ積み重ねたコード。

「Cdim」の構成音「C、D#(E♭)、F#(G♭)、A」で、確認してみます。

ピアノにて、黒鍵盤は全部「#」です。

Cdim
Cdim

Cから半音3つ、短三度の音程はD#。

D#から半音3つ、短三度の音程はF#。

F#から半音3つ、短三度の音程はA。

Aから半音3つ、短三度の音程はCと、Cに戻りました。

ディミニッシュコード 3種類

ディミニッシュコードは大きく分けて、構成音の種類が3つに分かれます。

(1)最初は何度か登場した、「Cdim」です。

「Cdim」の構成音は、「C D# F# A」。

Cdimシャープ

(2)次は1つ隣、「C#」からスタートします。

「C#dim」の構成音は、「C#、E、G、A#」。

C#dim

(3)次の1つ隣、「D」からスタートします。

「Ddim」の構成音は、「D,F,G#、B」。

Ddimピアノ
Ddim

(4)最後に1つ隣、「D#」からスタートします。

「D#dim」の構成音は、「D#、F#、A,C」。

D#dimピアノ

最後に登場した「D#dim」の構成音は、「D#、F#、A,C」。

最初に登場した「Cdim」の構成音は、「C,D#,F#,A」。

「Cdim」と「D#dim」の構成音は同じ、並びが違うだけです。

構成音が異なるディミニッシュコードは、全部で3種類です。

(1)構成音:「C,D#,F#,A」

ディミニッシュコード:「Cdim,D#dim、F#dim,Adim」

(2)構成音:「C#、E、G、A#」

ディミニッシュコード:「C#dim,Edim、Gdim,A#dim」

(3)構成音:「D,F,G#、B」

「Ddim,Fdim、G#dim,Bdim」

ディミニッシュコードの使い方

キー=Cにて,4和音のダイアトニックコードを記載します。

4和音ダイアトニックコード
4和音のダイアトニックコード

パッシング・ディミニッシュコード

デミニッシュコードで、よく使われているパターンです。

デミニッシュコードにて、2つのダイアトニックコードを経過的に繋ぐパターンを、「パッシング・ディミニッシュコード」呼ぶ。

「Dm7→Em7」というコード進行が、ありました。

「Ⅾm7」と「Em7」の間に、ディミニッシュコード「D#dim」を入れます。

「Dm7→D#dim→Em7」

Dm7-D#dim-Em7
Dm7-D#dim-Em7

ベース音が「D→D#→E」と半音で上昇し、スムーズな進行です。

デミニッシュコードは、上行進行でよく使われますが、下行進行ではあまり使われません。

装飾的ディミニッシュコード

コード進行にディミニッシュコードを入れ、少しアクセントを加える使い方です。

2つ同じコードが、続いていたとします。

「CM7ーCM7」

同じルート音のディミニッシュコード、「Cdim」を真ん中に入れます。

「CM7ーCdimーCM7」

CM7CdimCM7
CM7-CdimーCM7

そうすることで、コード進行に変化を加えることが出来ます。

ディミニッシュコード まとめ

ディミニッシュコードは2つのトライトーンをもつ為、不安定な響きです。

ディミニッシュコードの構成音は、全部で3パターンです。

  • 「C,D#,F#,A」
  • 「C#、E、G、A#」
  • 「D,F,G#、B」

(1)2度上行の間に、ディミニッシュコードを入れることができます。

パッシング・ディミニッシュコードと呼ばれ、よく使わるパターンです。

(2)同じコードが続く場合、同じルート音のディミニッシュコードを入れて、コード進行に変化をつけることもできます。

コード理論・進行をさらに勉強したい場合、専用の本で覚えることをお勧めします。

コード理論はいきなり難しい項目から見ても、理解するのは難しいです。

本は覚えるべき点から順に解説されている為、理解もしやすく効率的に学ぶことができます。

次の記事ではコード理論・進行を勉強するのに、お勧めの本を紹介しています。