※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用し、商品を紹介しています。

【音楽】2つの音の離れ具合を表す「度数」とは【音程・半音・全音】

度数アイキャッチ コード
この記事は約6分で読めます。
PR

長三度に短三度、完全四度・・・、何だか難しく、感じますでしょうか?

音楽の参考書を見ると、度数はよく出てきます。

度数は音楽を勉強する際、避けては通れぬ道です。

度数を理解するポイントは、4つです。

(1)完全系:一度、四度、五度、八度。

(2)長短系:二度、三度、六度、七度。

(3)最初は「C」を基準に、音程を覚える。

(4)間に黒鍵盤のない「EとF」と「BとC」を通るか、通らないかを意識して見る。

ヒロイン
ヒロイン

この時点で、もうお腹いっぱいです。

ブーキー
ブーキー

気持ちはよく、分かります。

この記事では、度数について解説しています。


PRESONUS ( プレソナス )
Studio One 6 Artist

PR
PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 6 Artist ダウンロード納品
お勧めな理由の記事です
Studio One Artist お勧めの理由

半音と全音

ピアノにて、「C、D、E、F、G、A、B」の位置を示します。

「C、D、E、F、G、A、B」は全部、白鍵盤です。

黒鍵盤は、「#」で表します。

ピアノでCDE

黒鍵盤を下に伸ばし、白鍵盤と黒鍵盤を1列と見ます。

半音全音

重要な単語、半音と全音の意味です。

隣り合う二つの音の差を、「半音」と言う。

ある音と2つ隣の音との差を、「全音」と言う。半音+半音=全音です。

Cから見て、C#はお隣さんなので、半音。

Cから見て、Dは2つお隣さんですので、全音。

半音の関係は、白鍵盤と黒鍵盤の組み合わせだけではありません。

白鍵盤と白鍵盤でも、半音になります。

Eから見てFは、お隣さんですので半音です。

度数とは

そもそも、度数とは何なのでしょうか?

ヒロイン
ヒロイン

度数が高いほど、真の大人である。

ブーキー
ブーキー

お酒の話しですか?

ある音とある音の、音の高さの間隔を「音程」と言う

この間隔を表す単位が、「度数」。

Cを基準にし、各音との音程を見てみます。

Cから数えた各音との距離
度数

CとCは一度、CとDは二度の音程・・・と続きます。

実は二度の音程は、2つ種類あるのです。

  • CとDの音程、長二度
  • EとFの音程、短二度

違いは後ほど、紹介します。

一度から順に、見てみます。

一度

CとCの音程は、「一度」。

CとCの同一の音の高さは一度。
一度

度数は0度からではなく、一度から数える。

二度

二度には、長二度と短二度があります。

長二度

二度の音程である、CとDです。

CとDの間隔は全音で長二度
長二度

CとDの間隔は、全音。

二度の音程にて、間隔が「全音(半音2つ)」の場合は、「長二度」。

短二度

同じく二度の間隔、EとFです。

EとFの間隔は半音で短二度
短二度

EとFの間隔は、半音。

二度の音程にて、間隔が半音の場合が、「短二度」。

長二度は半音2つ分、短二度は半音1つ分です。

同じ二度でも、どうして違いが出でくるのでしょうか?

違いは黒鍵盤を通るのか、通らないかです。

この先度数を見る際の、ポイントです。

黒鍵盤のない「EとF」、「BとC」の間を通るか、通らないかを意識すると、少し分かりやすくなる。

三度

三度には、「長三度と短三度」があります。

長三度

三度の音程である、CとEを見ます。

CとEは全音2つで長三度
長三度

CとEの間隔は、全音2つ。

三度の音程にて、間隔が「全音2つ(半音4つ)」の場合が、「長三度」。

短三度

三度の音程である、EとFを見ます。

EとGの間隔は全音1つと半音1つで短三度
短三度

EとGの間隔は、全音1つ+半音1つ。

三度の音程にて、間隔が「全音1つ+半音1つ(半音3つ)」の場合が、「短三度」。

長三度は半音4つ、短三度は半音3つ分でした。

四度

四度には、「完全四度と増四度」があります。

完全四度

四度の音程、CとFを見ます。

CとFの間隔は全音2つと半音1つで完全四度
完全四度

CとFの間隔は、全音2つ+半音1つ。

四度の音程にて、間隔が「全音2つ+半音1つ(半音5つ)」の場合が、「完全四度」。

増四度

四度の音程、FとBを見ます。

FとBの間隔は全音3つで増四度
増四度

FとBの間隔は、全音3つ。

四度の音程にて、間隔が「全音3つ(半音6つ)」の場合が、「増四度」。

完全四度は半音5つ、増四度は半音6つ分でした。

五度

五度には、「完全五度、減五度」があります。

完全五度

五度の音程、CとGを見ます。

CとGの間隔は全音3つ+半音1つでで完全五度
完全五度

CとGの間隔は、全音3つ+半音1つ。

五度の音程にて、間隔が「全音3つ+半音1つ(半音7つ)」の場合が、「完全五度」。

減五度

五度の音程、BとFを見ます。

BとFの間隔は全音2つ+半音2つでで減五度
減五度

BとFの間隔は、全音2つ+半音2つ。

五度の音程にて、間隔が「全音2つ+半音2つ(半音6つ)」の場合が、「減五度」。

完全五度は半音7つで、減五度は半音6つ分でした。

六度

六度には、「長六度と短六度」があります。

長六度

六度の音程、CとAを見ます。

CとAの間隔は全音4つ+半音1つでで長六度
長六度

CとAの間隔は、全音4つ+半音1つ。

六度の音程にて、間隔が「全音4つ+半音1つ(半音9つ分)」の場合が、「長六度」。

短六度

六度の音程、EとCを見ます。

EとCの間隔は全音3つ+半音2つでで短六度
短六度

EとCの間隔は、全音3つ+半音2つ。

六度の音程にて、間隔が「全音3つ+半音2つ(半音8つ)」の場合が、「短六度」。

長六度は半音9つ分、短六度は半音8つ分でした。

七度

七度には、「長七度と短七度」があります。

長七度

七度の音程、CとBを見ます。

CとBの間隔は全音5つ+半音1つで長七度
長七度

CとBの間隔は、全音5つ+半音1つ。

七度の音程にて、間隔が「全音5つ+半音1つ(半音11つ)」の場合が、「長七度」

短七度

七度の音程、DとCを見ます。

DとCの間隔は全音4つ+半音2つで短七度
短七度

DとCの間隔は、全音4つ+半音2つ。

七度の音程にて、間隔が「全音4つ+半音2つ(半音10つ)」の場合が、「短七度」。

長七度が半音11つ分、短七度が半音10つ分でした。

完全一度 完全八度

同じ音の一度と、1オクターブ上の八度についてです。

ふたつの音符が同一の音の高さを持つ場合は、「完全一度」。

八度の音程で、半音12個分の間隔を持つ場合は、「完全八度」。

CとCの間隔は半音12つで完全八度
完全八度

増音程と減音程

最後は、「増音程と減音程」とは何か?です。

増音程

増音程です。

長音程、もしくは完全音程に臨時記号が付くことにより、半音広くなる場合、「増音程」となる。

CとFは、完全四度でした。

F→F#にすると、半音上がります。

CとF#の間隔は、CとFの完全四度より、半音1つ分広くなりました。

CとF#の音程は、「増四度」になります。

完全四度と増四度の比較
完全四度と増四度

減音程

最後は、「減音程」とは何か?です。

短音程、もしくは完全音程に臨時記号が付くことにより、半音狭くなる場合、「減音程」となる。

例をあげて、紹介します。

CとFは、完全四度です。

C→C#になりますと、半音上がります。

C#とFの間隔は、CとFの完全四度より、半音1つ分狭いです。

C#とFの音程は、「減四度」になります。

完全四度と減四度
完全四度と減四度

度数 まとめ

名前には「完全」がつく場合と、「長短」がつく場合がありました。

「完全」がつく場合は一度、四度、五度、八度

「長短」がつく場合は二度、三度、六度、七度

最後に出てきた度数を、まとめます。

度数のまとめ
度数のまとめ
コード理論をさらに勉強する為に
コード理論をさらに勉強する為に

コード理論・進行をさらに勉強したい場合、専用の本で覚えることをお勧めします。

コード理論はいきなり難しい項目から見ても、理解するのは難しいです。

本は覚えるべき点から順に解説されている為、理解もしやすく効率的に学ぶことができます。

次の記事ではコード理論・進行を勉強するのに、お勧めの本を紹介しています。

コード

イイ音もって出かけよう!

PR

日本初にして日本最大級の
イヤホン・ヘッドホン専門店